iOS9.3では夜にiPhoneやiPadのディスプレイから自動的にブルーライトをカットしてくれる “Night Shift” を追加

シェアする

iPhone

iPhoneやiPadのOSであるiOSの最新版、iOS9.3のベータ版がリリースされました。

いろいろな新機能が実装されているようですが、目玉はブルーライトを夜にカットしてくれる機能のようです。

ほかにもいろいろな機能が改善されているようです。

スポンサーリンク

“Night Shift”が自動的にディスプレイの色を切り替え

ブルーライトをカットしてくれる機能は”Night Shift”と呼ばれているようです。

この機能は、iPhoneやiPadの時刻及び場所から自動的に日の入り時刻を認識し、日が出ていない間は自動的にディスプレイの色味をブルーライトをカットするように暖色方向にシフトします

そして、日の出とともに元に戻すそうです。

就寝前にブルーライトを過剰にあびることは睡眠の質を落とすといわれていますので、特に夜寝る前にスマホをいじる癖のある人にはいい機能です。

ブルーライトをカットできるディスプレイ保護シールもありますが、貼ってしまうとずっとカットしたままになってしまい、ディスプレイの色味が変わってしまいます。

時間に応じて自動的に切り替えてくれるのはいいですね。

ノートアプリで指紋認証によるコンテンツ保護が可能に

また、ノートアプリにおいて、保存しているデータをTouchIDを利用した指紋認証で保護する機能が追加されるそうです。

これにより、より個人的なデータもノートアプリに保存することができるようになり、利便性が増します。

ノートのコンテンツのソートも改善されており、コンテンツが作成された時間、更新された時間、アルファベット順でソートができるようになるそうです。

ほかにも様々な改善が

iOS9.3ではほかにも様々な機能が改善されているようです:

  • ニュースアプリの個人への最適化が改善
  • ヘルスアプリにApple Watchのアクティビティーアプリからの情報を統合
  • CarPlayにおいてApple Musicとの連携を改善
  • 3D Touchによるショートカットを天気、ヘルス、コンパス、株価アプリで追加
  • 1つのiPhoneに複数のApple Watchを接続可能に

最後の1つのiPhoneに複数のApple Watchを接続するのはどんな時に役に立つのでしょうね?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする