iPad Air 3は2016年前半に登場 3Dタッチは非搭載

シェアする

最近すっかりうわさを聞かなくなった9.7インチ版iPadですが、2016年の前半にリリースされるといううわさが出てきました。

しかしながら、3Dタッチは非搭載となるようです。なぜなのでしょう?

スポンサーリンク

Apple Watch 2やiPhone 6cとともに3月のイベントで発表

9to5 MacによるとiPad Air 3は3月に開催されるアップルのイベントで発表されるそうです。

アップルが Apple Watch 2 の発表イベントを3月に計画 iPhone 6cもこのイベントで発表?
アップルが3月にイベントを行うことを計画しているそうです。メインは新しい第2世代 Apple Watch の発表のようですが、サプライズで小...

このイベントではApple Watch 2やiPhone 6cも発表されるという情報があり、iPad Air 3も発表されるとなるとハードウェア関連で盛りだくさんのイベントとなりそうです。

発売は2016年の前半の予定だとか。

製造上の問題で3Dタッチは非搭載

iPhone 6s/iPhone 6s Plus で登場した3DタッチはiPad Air 3には搭載されないそうです。

先日発売された大型iPadであるiPad Proにも3Dタッチは搭載されていません。

これは、製造上の問題だそうです。iPhone 6sや6s Plusの需要が高すぎるため、iPadに生産能力を回す余裕がないそうです。

アップルとしては売り上げが多く利益も高いiPhoneに注力するのは当然でしょうね。

製造問題を解決する技術を開発中

アップルもiPadに3Dタッチを入れないつもりではないそうで、現在新しい技術を開発中だそうです。

便利だとは言いながら、スマホの使い方を一変させるほどではない3Dタッチですが、iPadにもないよりはあった方がいいですよね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする