iPhone 6cは2016年に登場?

シェアする

iPhone

先日、計画が中止になったと伝えられたiPhone 6cですが、今度は2016年の第2四半期に発売されるといううわさが出てきました。

iPhone 6cは計画中止?
MacRumorによると、計画されていた新型の4インチ版iPhoneであるiPhone 6cは計画中止になってしまったそうです。せっかく小型...

9月が近くなるとiPhoneに関するうわさがいろいろ出てきますが、今年も動きが激しくなってきましたね。

スポンサーリンク

iPhone 6の焼き直しではない?

iPhone 5cは失敗した製品といわれています。

その中身はiPhone 5と同じで、外装を金属からプラスチックにしただけの製品であり、プラスチックにしたことで逆に価値を落としているというのが評判です。

iPhone 6cでは、iPhone 6の焼き直しではなく、新しいCPUを搭載するそうです。

iPhone 6sやiPhone 6s Plusと同じ世代のCPUになるとか。

これは高速化や低消費電力につながりますが、一方で価格面では安くすることができないかもしれません。

どこで差別化するか?

iPhone 6cは4インチのスマートフォンであるといわれています。

大型のディスプレイに比べて価格面では有利でしょうし、消費電力も少ないのでバッテリーも小さくできるかもしれません。

また、CPUの性能もそれほど求められないので、クロックを落とすことができるかもしれません。

こういった点でiPhone 6sやiPhone 6s Plusよりも安くしてくるのかもしれません。

また、数が増えると部品の単価は安くなるので、そういったところを狙っているのかもしれませんね。

毎年1回発売のペースを変えるのか?

ただ、今回のうわさで気になるのは、iPhoneがこれまで堅持してきた毎年1回発売のペースを果たして変えるのかという点です。

そこまでして4インチのスマートフォンを出すだけの需要があるのでしょうか?

あるいは、iPhoneの開発チームを2つにして、年2回のペースで出していくのでしょうか?

興味深い噂ではあるので引き続きウォッチしていきたいと思います。

追記(8/22):今度は2015年の11月に出るといううわさも出てきましたね。ますます混迷をわめてきました。。。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする