iPhone 6sやiPad Proに搭載されるForce Touch “Orb” は操作をより便利にする

シェアする

iPhone

iPhone 6sやiPad Proに搭載されるといわれているForce Touchがタッチパネルの操作性をより向上させるようです。

iPhone7(?)は指の面積で圧力を感知?
次世代iPhone(iPhone7)の噂です。圧力を検知するディスプレイを搭載なんでも、画面に触れている圧力を、液晶に接している指の面積で測...

9TO5Macによると、「強く押す」という操作が今まで複数ステップかかっていた操作を1つにまとめてくれるとか。

またスマートフォンやタブレットの操作が便利になりますね。

スポンサーリンク

ディスプレイを押す圧力を検知する”Orb”

Force Touchは、ディスプレイを押す圧力を感知する技術です。アップルでは内部的に”Orb“と呼ばれているとか。

すでに圧力を感知するForce Touch技術自体はMacBookに搭載されています。

MacBookの場合はタッチパッドの圧力を感知するのに対し、iPhone 6sやiPad Proはディスプレイを押す圧力を検知するところが違いです。

複数ステップの操作を1つにまとめるショートカットとして働く

圧力を感知することにより、これまで複数ステップかかっていた操作を1つにまとめるショートカットとして働いてくれるそうです。

たとえば、

  • 地図アプリ上で、目的地を強く押すとその場所へのナビゲーション開始(従来はナビゲーションボタンを押して出発ボタンを押す必要あり)
  • 音楽アプリで、楽曲を強く推すとプレイリストへの追加やオフライン視聴への登録メニューが出現
  • 電話アプリのアイコンを強く押すと留守番電話機能が起動

といった具合です。

覚えるのが大変かもしれませんが、強く押すと何が起こるか試していくのも面白いかもしれません。

Safariでも便利に働く

Safariではリンクを強く押すとそのページのプレビューが表示されるそうです。

これは最新のMacBookですでに実現されている機能で、MacBookとiPhone/iPadとの操作の一貫性が実現されています。

また、単語を強く押すと意味が表示されたり、住所や連絡先を強く押すと場所やアドレス帳のプレビューが表示されたりするそうです。

Force Touchがスマートフォンやタブレットをより進化させる

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

これまでのスマートフォンやタブレットは「フリック」という動作によってユーザー体験を進化させました。操作が直感的であるというところが人々に受け入れられた要因なのでしょう。

圧力を感知する「Force Touch」はタッチパネルによる操作をより進化させる可能性を持ったものだと思います。

Androidに同様の機能が搭載されるかわかりませんが、ぜひとも広く普及させて我々のガジェット生活を便利にしてほしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする