iPhone XRの写真は解像度が高い 室内でも猫の毛がしっかり見える

iPhone XRで撮影した猫iOS

発売日当日に入手したiPhone XRのカメラを使ってみました。

あまり期待していなかったのですが、思っていたよりも解像度が高くてびっくりしました。

手持ちのコンデジとHuawei Mate9のカメラと比較します。

スポンサーリンク

我が家の猫を撮影

iPhone XRで撮影した猫

早速被写体第1号になった我が家の猫です。長毛種のノルウェージャンフォレストキャットなので毛の質感が難しいのですが、結構きれいに撮れています。なお、この写真はブログ用に品質を落としているので実物はもっときれいです。

また、暗い室内での撮影ですが、ノイズも少なく写っています。

ちなみに、何も考えずに撮ったらLive Photosになりました。最近Google PhotosがLive Photosに対応したため、動画がGoogle Photos上に保存されました。素晴らしい。

Huawei Mate9で撮影した猫

比較対象としてこちらがHuawei Mate9で撮影した猫。当時はスマホとは思えない高画質でしたが、こう比べると2年という歳月を感じます。

Fujifilm XF10で撮影した猫

参考にAPS-Cサイズのセンサーを持つ富士フィルムのXF10で撮影した猫。こちらはピントが合っているところは解像度が高く、あっていないところはボケています。

iPhone XRのカメラは解像度は高いですが、ボケは期待できないです。ただ、スナップ撮影用途には強いのではないでしょうか。

昼ご飯を撮影

次に昼ご飯を撮影してみました。

XF10で撮影した昼ご飯

変わった昼ご飯ですが、昨晩残ったおでんを使ったおでん丼です。上はXF10で撮影したものです。ディテイルもでつつしっとりした感じが出ています。

iPhone XRで撮影した昼ご飯

こちらがiPhone XRで撮影した昼ご飯です。やはり細かいところがカリカリに写っています。

Mate9で撮影した昼ご飯

最後にMate9で撮影した昼ご飯です。全体的になんとなくもやっとしています。

ボケを確認

次にキウイ畑を撮影してボケを確認してみました。

XF10でのボケ

こちらがXF10で撮影したキウイ畑です。手前のピントの合っている葉っぱはきれいに写りつつ遠くはきれいにぼけています。ちなみにオートで撮影したらf値が4.0になりましたがさらに絞ればもっとぼけます。

iPhone XRでのボケ

こちらがiPhone XRでのボケです。相変わらずカリッカリに写っています。さすがにセンサーサイズが小さいのであまりぼけません。

Mate9でのボケ

こちらがMate9でのキウイ畑です。ソフト処理でボケさせるモードは使っていません。やはり上の2つを見てからだともやっとしています。

木々と青空を撮影

最後に逆光の状況で木々と青空を撮影してみました。

XF10を使って逆光で木々と青空を撮影

こちらがXF10で撮影したものです。割と見た目に近い色になっています。逆光でも破綻しないのが素晴らしい。

iPhone XRを使って逆光で木々と青空を撮影

こちらがiPhone XRを使って撮影したものです。相変わらず手前のフェンスから葉っぱまで解像度が高いですが、空の青さや葉っぱの緑が強調されているところが印象的です。

Mate9を使って逆光で木々と青空を撮影

最後にMate9です。やっぱりもやっと。。。

期待した以上に高いカメラ品質

まさかこんなにカメラの品質が良いとは思いませんでした。

スマホのカメラを見限ってXF10を買ったのですが、早まったか?と思うほどです。

もちろん、ボケを活かした撮影とか、暗所での撮影はまた別なのでしょうが。。。

手軽に持ち歩いて気になったものを撮影するカメラとしては十分ではないでしょうか。

コメント