LINE MUSICがAWAをはるかに上回るペースで普及中

シェアする

LINE MUSICのアプリが公開わずか二日で100万ダウンロードを達成したそうです。

ライバルのAWAは2週間かかったみたいなので、ものすごい普及の速さですね。

スポンサーリンク

LINEユーザー間で拡散が行われた

以前書いた予想通り、LINEアプリの力を借りて普及が行われたようです。

LINE MUSIC レビュー:時間制のプランと学割があるのが面白い
ここのところ、AWAから始まり、Apple Musicときて、最後にLINE MUSIC(LINEミュージック)と、定額音楽ストリーミングサ...

やはり口コミの力はすごいですね。

AWAのほうにはそういった拡散力がなかったのでこういった差がついたのでしょう。

ユーザー間での楽曲やプレイリストのシェアが決め手

LINE MUSICの特徴的な機能として、LINEユーザー間で楽曲やプレイリストのシェアができる機能があるそうです。友達から曲を紹介されたらアプリをダウンロードして聞こうという気になるし、ましてや無料だったらなおさらですよね。

公開二日間での楽曲再生回数は1200万回

平均して一人当たり10曲は聴いているということになります。この数が多いか少ないかはわかりませんが、一曲3分としても30分は使っているということですね。

これからどうなる?

若者層が多いであろうLINEが強いか?

LINEのユーザーには若者層が多いと考えられます。LINE MUSICには特徴的な学生割引制度がありますので、500円であれば学生でもとりあえず契約しておこうかという気になるかもしれません。

また、時間制プランはさらに安いですので、意外と無料期間が終わっても契約を継続してくれるかもしれません。

一度普及したプレイリスト資産が囲い込みにつながるかも

音楽の定額ストリーミングサービスではユーザーが作成したプレイリストが資産になると考えます。

私も、Music UnlimitedからレコチョクBestに移行するとき、プレイリストが移せないので苦労しました。片方にしかない曲もあるので、せっかく作ったプレイリストが無駄になる可能性すらあります。

その点、LINE MUSICのプレイリストシェア機能で、一人だけでなく複数人でシェアするプレイリストを作成させることで、さらに強固な囲い込みができるかもしれません。

最初の一歩はよかった、あとは楽曲ラインナップか?

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s

かなり普及に良い兆しを見せたLINE MUSICですが、楽曲ラインナップの充実が急務と思います。

話題になっていて、普及しているこの時に、楽曲が少なすぎて使えないというレッテルをはられないようにしてほしいものです。年内に500万曲と言っていますが、果たして狙っている若者層を取り込む楽曲をそろえられるかがポイントでしょう。

AWAのほうは逆に、LINE MUSICに普及で後れを取り、Apple MusicSpotifyが背中に迫る中でどのように普及を目指していくのか、楽しみです。

追記:AWAがオフライン再生に対応するようです。

AWAがオフライン再生に対応!!
かっこいいGUIで注目を浴びていたAWAですが、オフライン再生にもキャッシュにも対応していないのが難点でした。しかし、ついにオフライン再生と...