Lumia 950, 950XL, 550 のスペックがリークされる

シェアする

Windowsストア

10月6日のマイクロソフトのイベントで発表が見込まれているLumia 950, 950XL, および550のスペックがリークされました。

これまでうわさで出てきていたのとほぼ同じですが、発表前ということでまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

Lumia 950,950XL,550のスペック

リークされた情報によると以下のようです:

機種名 Lumia 950 Lumia 950XL Lumia 550
CPU Snapdragon 808(6コア) Snapdragon 810(8コア) Snapdragon 210(4コア@1GHz)
ディスプレイ 5.2インチ 2560×1440ピクセル 5.7インチ 2560×1440ピクセル 5インチ 1280×720ピクセル
RAM/ROM 3GB/32GB 3GB/32GB 1GB/8GB
カメラ 2000万画素/500万画素 2000万画素/500万画素 500万画素/200万画素
バッテリー 3,000mAh 3,300mAh 1905mAh
その他 USB Type-C USB Type-C 予想価格 120ドル

Lumia 950と950XLはCPU,ディスプレイサイズ,バッテリー容量が異なる兄弟機

リークされたスペックによるとLumia 950と950XLはCPU、ディスプレイサイズ、およびバッテリー容量が異なるものの、基本は同じ兄弟機となるようです。

かなり高精細なディスプレイを搭載したり、RAMが3GBも積んであったりするなど、ハイエンド端末としてふさわしいスペックとなっています。

価格も結構高くなりそうな感じではありますが。。。

Lumia 550は15,000円以下の格安スマートフォン

それに対してLumia 550は予想価格が120ドルということなので、日本円で15,000円以下の格安スマートフォンとなりそうです。

スペックとしても日本で売られている格安スマートフォンに近いものとなっています。

デザインが良くて、Windows 10 Moibleの出来が良ければ日本で発売されても売れるかもしれません。

日本での販売はあるのだろうか?

マイクロソフトはSurfaceも売っていますので、日本での販売網自体は持っているものと思われます。

今回のスマートフォンはマイクロソフトのスマートフォン事業の行く末をかけたものとなっていると思われるので、積極的に日本でも販売する可能性もあるかもしれません。

FREETELなどすでにWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンの発売を表明しているメーカーもありますので、日本でも盛り上がってくれるといいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする