Huaweiのコストパフォーマンス抜群のルーター、WS5200を買ったのでレビューを開始しました。

OCN モバイル ONEから新料金プラン発表 安いけど速度制限が2段階でかかる

SIMフリースマホMNP

最近動きのなかったMVNOの料金に動きがありました。OCNモバイルONEから最安となるプランが発表です。安い代わりに速度制限が2段階でかかるという特徴があります。

スポンサーリンク

1GB/月で音声対応SIMが1,180円/月

このプランは1GB/月の転送容量がついた音声対応SIMで、料金は月々1,180円になります。

これまでのOCNモバイルONEの最安は3GBで1,480円だったのでもう一段安いプランになります。

なお、このプランは音声対応SIMのみ用意され、SMS対応SIMやデータ専用SIMは用意されないようです。

容量超過時の速度制限が2段階でかかる点に注意

このプランでは容量超過時に通信速度に制限がかかります。このやり方が変わっていて2段階になっている点に注が必要です。

1段階目は最高速度が200kbpsに落ちます。これは普通のMVNOと変わりません。

しかしながら、この1段階目で500MBの通信を行うと2段階目に移行します。この2段階目はLINE等でテキストベースのやり取りを行うには問題がありませんが、それ以上はつらいような速度になるそうです。

確かに、通信量を超過しても重い動画とか見なければ普通に使えるような速度だったので、MVNOの会社としては追加容量とかプランをアップグレードするとかしてくれず、うまみがなかったのかもしれません。

安い代わりにペナルティが大きいプランがこれからも出てくる?

これまでは速度を超過しても200kbs程度で使えるというのが当たり前でした。

しかしながら、この2段階目の極端に遅い速度が出てきたことで、この流れが変わるかもしれません。

超過時のペナルティを大きくすることで追加容量の購入やプランのアップグレードに誘導するようなものが当たり前になり、逆に超過しても200kbpsのプランはプレミアプランになるかもしれません。

ユーザーとしては料金が安くなり、かつ容量を消費しない低速モードを用意してくれればいいですが、そうでないと悪い方向に進むかもしれません。

ともかく、久しぶりに登場した新種のプラン、動向を注目したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました