肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

Sonosから新型サウンドバー「モデルS36(Fury)」が登場?Beamよりも安い

Sonos モデルS36 Furyの画像オーディオ

音質の高さとアプリの使いやすさに定評のあるSonosから「モデル 36」と呼ばれるサウンドバーが登場するようです。コードネーム「Fury」とも呼ばれるこのサウンドバーは3万円ほどとSonos Beamよりも安いサウンドバーになるようです。

はりー
はりー

当サイトのSonos Arcに関するレビュー記事は以下のカテゴリをご覧ください:

Sonos Arcのレビュー記事

SonosのハイエンドサウンドバーであるSonos Arcに関するレビュー記事です。

スポンサーリンク

Beamよりもコンパクトな本体

このモデル36はBeamよりもコンパクトな本体を持つとされています。

  • モデルS36: 550 x 69 x 100mm
  • Beam(第2世代): 651 x 68.6 x 100mm

その分搭載されるスピーカーも限られ、Dolby Atmosには対応しないようです。

また、ArcやBeamが持つHDMI端子もなく光デジタル入力のみの対応で、スマートスピーカー機能もないそうです。

Soons ArcやBeamのリアスピーカーとしての利用も想定

このモデルS36は、Sonos ArcやBeamのリアスピーカーとしての利用も想定されています。

このためにS36を立てて設置できる壁掛け用マウントが用意されるそうです。

Sonos Oneなどよりもスマートな見た目で設置できそうです。

モデルS36の価格は249ドル

このモデルS36は249ドルで発売されるそうです。

Beam(第2世代)が449ドル、Arcが899ドルであり、Sonos Oneが220ドルなのでかなりリーズナブルな製品といえるでしょう。

Sonos Beamが日本では59,800円であることを考えると、モデルS36の日本での価格は35,000円ほどでしょうか

小型サブウーファーやワイヤレスヘッドフォンと同時発表?

Sonosの新型サウンドバー モデルS36 Furyは今後数週間のうちに発表されるとみられます。

長らく噂されていた小型サブウーファーやワイヤレスヘッドフォンも同時に発表されるとみられ、公開が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました