Sony Xperia Z6 のうわさ

シェアする

Android

ついこの前Xperia Z5が出たばかりですが、すでに次のZ6のうわさです。

いつ頃リリースされ、どのようなスペックになるのでしょうか。

スポンサーリンク

2016年のIFAで発表?

Pocket-LintによるとXperia Z6は2016年の9月に発表されるのではないかとのことです。

この時期にはドイツのベルリンでIFAが開催され、そこで発表が見込まれるとのことです。

また、MWC 2016ではミドルレンジのスマートフォンが発表されるかもしれないとのこと。

デザインにほぼ変化なし?

デザインについてはXperia Zシリーズは最初から一貫性を保っており、それはZ6でも変わらないだろうと予想しています。

しかし、背面のガラスはなくなり、全面アルミボディになるのではないかとのことです。

4Kディスプレイは?フォースタッチは採用する?

ディスプレイについては、他社が2560×1440ピクセルを採用する中で、Xperia Z5ではFull HD(1920×1080)と4K(3840×2160)、それにコンパクトモデルで1280×720ピクセルという解像度を採用しています。

ソニーは以前から、5インチ程度のディスプレイではあまり高解像度にしすぎてもユーザーにとっては違いが判らず、バッテリー消費が大きくなるだけだと主張しています。

このことからディスプレイについてはあまり変えないのではないかと予測しています。ただ、プレミアムモデルとして大画面&高解像度版(Xperia Z6 Premium?)、小型モデルとして小画面&低解像度版(Xperia Z6 Compact?)を出す可能性は大いにあるとのことです。

iPhoneをはじめ、Androidでも採用が始まった圧力感知ディスプレイ(フォースタッチディスプレイ)については採用される可能性はあるとのことです。

カメラは?

背面カメラについてはすでにXperia Z5で約2300万画素ものカメラを搭載しており変わらないのではないかと予測しています。カメラセンサーのリリース間隔は数年といった単位でもあり、Xperia Z6ではZ5と同じ背面カメラを搭載するのではないかとのことです。

一方、セルフィーと呼ばれる自撮りが流行っていることもあり、Xperia Z5で500万画素しかないフロントカメラについては強化される可能性があるとのことです。

フラッグシップでないXperia M5が800万画素のフロントカメラを搭載しており、フラッグシップであるXperia Z6ではこれ以上を搭載してもおかしくありません。

自社製のCPU(SoC)を搭載する可能性は?

最近、ソニーが自社でスマートフォン向けのCPU(SoC)を開発するというニュースが流れました。

これが本当だとすると、Xperia Z6では自社製のCPUを搭載することになるのでしょう。

アップルだけでなく、Android陣営ではHuaweiやサムソンは自社製のCPUを搭載したスマートフォンを発売しています。

ただ、今のところ公式な発表はないため、これまで通りQualcommのSnapdragonシリーズ(Snapdragon 820?)を搭載する可能性も十分あります。

OSはAndroid 6.0 Marshmallow

時期的にもOSはAndroid 6.0 Marshmallowになるだろうとのことです。

当然、Xperia Z5で搭載された指紋センサーもZ6で搭載してくるのでしょう。

まだまだうわさ段階

ここで紹介した内容はあくまでうわさであり、実際にどうなるかは全然わかりません。

ただ、ソニーがスマートフォン事業をやめない限りはXperiaシリーズは継続され、今までのコンセプトを引き継いだハイエンドモデルが発売されるのも確実でしょうね。

できればハイエンドだけじゃなく、ミドルエンドやローエンドのSIMロックフリー版を日本でもいろいろ発売してほしいのですが。。。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする