Windows 10 のビルド 10532 がInsider向けにリリースされる

シェアする

Windowsストア

Windows 10 のビルド番号10532がInsider Preview向けにリリースされたそうです。

大きな変更はないそうですが、どのようなアップデート内容なのでしょうか?

スポンサーリンク

Edgeのパフォーマンスが向上

まず、Windows 10の新しいブラウザであるMicrosoft Edgeのパフォーマンスが向上しているそうです。

もともと高速であることがうりのEdgeの性能が向上するなら素晴らしいですね。

右クリックして表示されるコンテキストメニューの改善

マウスの右クリックで表示されるコンテキストメニューを改善しているそうです。

メニュー表示の一貫性がないという指摘を受け、モダンルック&フィールになるようにしたとか。

詳細はわかりませんが、何か右クリックすると改善されているのがわかるかもしれません。

フィードバック内容を他人と共有できるように

Windowsフィードバックアプリを使って何かフィードバックする際に、その内容を他人と簡単に共有できるようになったそうです。

フィードバックした内容へのリンクをクリップボードにコピーできるようになったため、それを使ってSNS等でシェアできるとか。

何か問題が起こった時にそれを拡散するのに役に立つかもしれません。

日本語版はCortanaが実装されるも開発途中

また、日本語版には初めてCortanaが実装されているそうです。

ただ、動作検証用の開発版だそうで、まだ真の実力ははかれないようです。

64bit版Chromeがクラッシュする問題は未解決

一方で、64bit版Chromeがクラッシュする問題は未解決のようです。

Windows10のビルド番号10525でChromeがクラッシュする場合の対処法
Microsoft Newによると、Insider Program向けにリリースされたWindows 10 Build 10525において、...

どうもChrome側に問題があったらしく、Googleが対処中とか。

Chromeの開発者向けのビルドを使うか、32bit版を使うことが推奨されています。

問題が着実に改善している

アップデート内容は少なく、派手さはないものの、着実に問題がフィードバックされて改善されていると感じます。

一般ユーザーにこのビルドがリリースされるかわかりませんが、たくさんもまれた安定性の高いバージョンがリリースされてほしいものです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする