Windows10にアップグレード後一か月たったけど Windows.old が消えない

シェアする

Windows.oldのディスク容量

Windows7からWindows10にアップグレードしてから1か月がたちました。

Windows10にアップグレード後一か月が経過しましたが、まだWindows.oldが消えてくれません。

結構な大きさのフォルダなので早く消えてほしいのですが。。。

スポンサーリンク

Windows10にアップグレード後1か月はWindows7に戻せる

Windows10には、古いバージョンのWindowsからアップグレードした際、アップグレード後1か月は元のWindowsに戻すことができるという機能がついています。

この機能自体は設定→更新とセキュリティ→回復にあります。

Windows7に戻す

私はWindows10がリリースされた直後にアップグレードしたので、7月29日から一か月後の8月29日にこの機能が使えなくなると思っていました。

が、8月31日現在、まだ使えるようです。

ハードディスクの容量が圧迫されるのが困る

元に戻せること自体はいいことじゃないかとも思いますが、困ったことが1つあります。

古いバージョンのファイルや設定を取っておくのにハードディスクの容量を圧迫してしまうのです。

それとおぼしき”C:\Windows.old”の容量を確認すると25GBも使っています。

Windows.oldのディスク容量

また、アップグレードの際に作られたと思われる”C:\$Windows.~BT”と”C:\$Windows.~WS”もそれぞれ3.27GBと5.84GBを使っています。

$windows~btの容量 $windows~wsの容量

これらを合わせると全部で34GBもディスク容量を使ってしまっていることになります。

SSDを使っていて容量にそれほど余裕がない環境では結構苦しいのではないでしょうか?

9月になったら消えると信じたい

幸い、Windows 10自体に致命的な問題は今のところなく、快適に使えています。

それもあって余計に容量消費をもったいなく感じてしまうのですが、何とか9月になったら消えてもらえないものでしょうか。。。

あるいはマイクロソフトが何か大きな問題を見つけていて消さないようにしている?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする