Windows10のビルド番号10525でChromeがクラッシュする場合の対処法

シェアする

windows 10 media creation tool

Microsoft Newによると、Insider Program向けにリリースされたWindows 10 Build 10525において、Chromeがクラッシュする問題が起こっているそうです。

その場合、Chromeのバージョンを変えるか、オプションをつけて起動すれば対処できるとのこと。

スポンサーリンク

64ビット版はクラッシュする可能性が高い

この情報によると、64ビット版のChromeはクラッシュする可能性が高いそうです。

したがって、32ビット版のChromeに変更することで改善する可能性があるそうです。

オプションをつけて起動することで改善

32ビット版のChromeでも改善しないか、あるいは64ビット版のChromeを使いたい場合はChromeにオプションを起動すれば改善するそうです。

具体的には、

  • Chromeのショートカットを右クリックしてプロパティを選択
  • リンク先の”chrome.exeの後に”-no-sandbox”をつけてOKをクリック

として、そのショートカットを使ってChromeを起動すると改善するそうです。

ちなみに、このオプションをつけて起動すると安全性が低下するのでChrome開発チームからはあまり推奨されていないそうです。

できれば32ビット版を使って回避したほうがいいでしょうね。

ビルド番号10525はまだ一般公開前

今回の問題が起こるビルド番号10525はまだ一般公開前なので、一般リリース時にはこの問題が修正されている可能性があります。

また、Chromeに問題があるのであればChromeが更新される可能性もあります。

できれば、一般ユーザーが何もしなくても使える状態でリリースされてほしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする