Windows10 Threshold2(Wave2)がFall Updateとして11月にやってくる

シェアする

windows 10 media creation tool

Windows10がリリースされてだいぶ時間が経ちました。

かなりの数のPCにインストールされ、思っていたよりは安定しているようですが、不具合がいくつも見つかっているようです。

そんな不具合を大量に修正してくれるWindows 10 Threshold 2(or Wave 2)がFall Updateとして11月にリリースされるそうです。

新機能の追加予定もあるそうで、楽しみですね。

スポンサーリンク

Windows 7,8,8.1のプロダクトキーでWindows 10のアクティベーションが可能に

一番の目玉はWindows 7,8,8.1のProduct KeyによってWindows 10のアクティベーションが可能になることだそうです。

Windows10をインストールするのにいちいち前のOSからアップグレードするのは面倒なので確かにありがたい機能かもしれません。

Edgeブラウザでタブのプレビューが可能に

また、Edgeブラウザで各タブのプレビューが可能になるそうです。

たくさんのタブを開いているとどこに何があるかわからないのでありがたい機能です。

どんな不具合があって、どれが修正されるかは不明

現在のWindows10ユーザーにとって関心がある、現在どんな不具合があって、その中のどれがThreshold2で修正されるかはまだ公開されていません。

あるいは、公開されずにひそかに修正されるのかもしれません。

マイクロソフトがWindows10のアップデート内容を重要でないものは公開しない方針を発表
Microsoft Newsによると、マイクロソフトは今後Windows10のアップデート内容を重要でないものは公開しない方針としたそうです...

ひそかでもいいから直してくれるのはいいことではあります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする