WWDC 2015 開催直前!

シェアする

ついに今年もWWDC2015の季節がやってきました。  

今年も色々なものが発表されることが予想されていますが、果たしてどれだけあたっているのでしょうか?

スポンサーリンク

発表が予想されているもの

iOS9

最も発表される可能性が高そうなのがiPhoneやiPadのOSであるiOSです。

次のiPhoneには圧力を感知できるタッチパネルが搭載されるらしいので、それに対応したAPIが実装されるものと思われます。

また、地図アプリで(ようやく)乗換案内ができるようになるとか。利便性が高まるのは素晴らしいですが、iPhoneの地図には「パチンコガンダム駅」をはじめとするトラウマがあるのでスムーズに立ち上がるかが心配です。

定額音楽ストリーミングサービス

個人的にはこれが一番気になっています。これまでMusic Unlimitedから始まり、レコチョクBest宅配レンタルAWAといろいろ試してきた身にとっては決定版がそろそろほしいところです。

iTunesに含まれるすべての曲が効き放題とかだったら非常に魅力的ですね。これまでの定額音楽ストリーミングサービスは、特に邦楽は、新しい曲はすぐには定額サービスには入らず、しばらくしてから入るというパターンが多いです。また、そもそも定額サービスにないアーチストも多くいます。

後発としてはぜひとんがったサービスを期待したいところです。

OS X

Mac用の新しいOSも発表されることが予想されています。

果たしてどんな機能を乗せてくるのか。

その他

新しいApple TVが発表されるとか、ディスプレイの大きなiPadが発表されるという噂もありますが果たしてどうなることやら?

楽しみなことは間違いない

これまでAppleは人々の予想を超える発表を行って世の中に存在をアピールしてきました。

逆に、予想の範疇にとどまってしまっては成長がなくなってしまうので、ぜひともあっと言わせる新しい発表を期待したいものです。

WWDCはライブストリーミングされます。興味がある方は是非。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする