XiaomiがRedmi 3を発表 4,100mAhの大型バッテリーを積んだ高コストパフォーマンス機

シェアする

Android

中国の成長著しいスマホメーカーであるXiamiが新型スマホを発表しました。

Redmi3と呼ばれるこのスマホは4,100mAhもの大型バッテリーを搭載した高コストパフォーマンスのスマートフォンです。

スポンサーリンク

約12,000円とは思えないスペック

このRedmi 3は約12,000円です。

日本でこの程度の値段のスマホだと、4.5インチ FWVGA(854×480ピクセル)のディスプレイに1.2GHz程度のクアッドコアCPU、1GBのRAMに8GBのストレージというスペックが連想されます。

しかし、Redmi3は違います。

主なスペックは、

  • ディスプレイ: 5インチ 1280×720ピクセル
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 616(4コア@1.7GHz + 4コア@1.2GHz)
  • RAM/ROM: 2GB/16GB
  • カメラ: 1,300万画素(f/2.0)+500万画素
  • バッテリー: 4,100mAh
  • OS: 不明

さすがに指紋認証機能は搭載されていませんが、これだけのスペックで699元==106ドル==約12,000円という価格なのが驚きです。

また、バッテリーが4,100mAhもあるのがすごいです。日本の5インチディスプレイのミドルレンジ機であるfreetel miyabiが2,200mAhなので、ほぼ倍のバッテリー容量ということになります。

外装は金属製

見た目にもこだわっており、安いスマホにありがちなプラスチック外装ではなく、金属製の外装となっているそうです。

その金属外装にはダイヤモンド状の模様があり、見た目とともにグリップをよくしているようです。

中国では1月12日に発売、日本では発売しないのか?

このXiaomi Redmi 3は中国で1月12日に発売するそうです。

Xiaomiの端末は日本ではまだ本格的に売られていませんが、2万円前後でも十分売れるのではないでしょうか?

SIMロックフリー端末が盛り上がってきていることもありますので、日本にも上陸してほしいですね。

追記:Lenovoから対抗と思われるLemon 3が発表されました。こちらのスペックとコストパフォーマンスも魅力的。。。

Lenovoが Lemon 3 を発表 Xiaomiの Redmi 3 の対抗製品?
モトローラを傘下に入れてスマートフォン市場に力を入れているLenovoが新しいスマートフォンを発表しました。Lemon 3と呼ばれる新しいス...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする