ようやくLollipopのシェアが20%を超える

シェアする

Android

なかなか普及が進まないAndroid 5.x(5.0,5.1) Lollipopですが、ようやくAndroidの中のシェアが20%を超えたそうです。

もうすぐAndroid 6.0 Marshmallowが登場する時期になってようやく、という感じもします。

スポンサーリンク

登場後10か月でようやく20%ごえ

9To5 Googleによると、2015年9月時点でのAndroidのシェアは以下のようになっているとのことです。

バージョン コードネーム

8月のシェア

9月のシェア

 2.2 Froyo 0.3% 0.2%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 4.6% 4.1%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 4.1% 3.7%
4.1.x  Jelly Bean 13.0% 12.1%
4.2.x  Jelly Bean 15.9% 15.2%
4.3 Jelly Bean 4.7% 4.5%
4.4 KitKat 39.3% 39.2%
5.0 Lollipop 15.5% 15.9%
5.1 Lollipop 2.6% 5.1%

このデータはGoogle PlayにアクセスしたAndroid端末のバージョンの統計から出しています

Lollipop以外のシェアが下がり、その分Lollipopが上がる

このデータを見ると、Lollipop以外のシェアが軒並み低下し、その分Lollipopがシェアを上げています。

ようやく販売される多くの端末がLollipop搭載となったということなのでしょう。

セキュリティー的な観点からも古いOSをあえて搭載する意味はないのでしょうし。

iPhoneやiPadに比べると普及速度が格段に遅い

iOS9はリリース後48時間でシェア20%を突破しています。

iOS9のシェアが48時間で21%を超える
最近リリースされたiPhoneやiPad用のiOS9ですが、なんと48時間で21%の人がアップグレードしたそうです。相変わらずiOSの勢いは...

これに比べるとAndroidはかなり普及速度が遅いといえます。

上の記事でも書きましたが、新たなサービスを普及させるのにはかなり不利な状況といえるかもしれません。

もう少し各ハードに依存する部分とOS部分を切り離し、容易にOSをアップグレードできるようにすることができないものでしょうか?

あるいは、ハードとソフトが密につながることでAndroidの各端末メーカーの差別化となるのかもしれませんが。。。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする