サムソンがガラケー型の両面ディスプレイAndroidスマホ G9198を発表

シェアする

Android

先日、LGがガラケー型のAndroidスマホを発表しましたが、今回はサムソンが発表です。

なんと、両面ディスプレイを搭載しているとか。日本市場にも投入されるのでしょうか?

スポンサーリンク

Samsung G9198はデュアルディスプレイ搭載のスマホ

G9198という名前のこのスマホは、いわゆるガラケー型のスマホで、2つ折りケータイの形をしています

特徴的なのは、ディスプレイの裏と表の両方に液晶を備えている点です。

どちらにも3.9インチ 1280×768ピクセルのAMOLED液晶を備えています。

ピクセル密度は382ppiであり、こんなに解像度の高い液晶を備えたガラケーはなかったのではないでしょうか?しかも両面。

性能も高い

さらに、基本性能も高いです。

Snapdragon 808プロセッサを使用しており、6コアのCPUを内蔵しています。

カメラは1600万画素で、16GBのストレージを備え、2020mAhのバッテリーです。

形がガラケーなだけで、スペックとしては完全にミドルレンジ以上のスマホですね。

LGもガラケー型のスマートフォン Wine Smartを発表していますが、比較するとG9198のほうがかなり性能が高いです。

LGがガラケー型のAndroid 5.1.1 Lollipop搭載端末「Wine Smart」の日本での発売を発表
LGがガラケー型の2つ折りスマートフォン「Wine Smart」を発表しました。日本での発売計画もあるとか。いまだにガラケーが売れ続ける日本...

中国市場向けに投入

このG9198は中国市場向けに投入されるそうです。

日本で発売しても売れると思うのですが、どうでしょうね?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする