肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

第2世代ブックシェルフ型Symfoniskがひっそりと発売~CPUやメモリが強化され、消費電力が低減

第2世代ブックシェルフ型SymfoniskSymfonisk

SonosとIkeaのコラボで作られているブックシェルフ型Symfoniskに第2世代が登場し、ひっそりと発売されたようです。CPUやメモリが強化され、スタンバイ時の消費電力が低減されています。

はりー
はりー
スポンサーリンク

突如登場した第2世代ブックシェルフ型Symfonisk

オランダのテックサイトであるTweakersによるとオランダですでに第2世代ブックシェルフ型Symfoniskが発売されているそうです。

第2世代Symfoniskはマイナーアップデートにとどまっており、

  • より高速なCPU(プロセッサ)
  • メモリ容量の増量
  • スタンバイ時の消費電力低減

が主な変更点とされています。

また、付属する電源ケーブルも長くなったそうです。

私は第1世代のSymfoniskを使っていますが、以下の記事で書いたとおり、確かに付属する電源ケーブルは短かったです。

特にスタンドに設置して使う場合は延長ケーブルが必須であり、これはありがたい変更といえます。

その他機能面では、Airplay/Airplay 2対応など、特に変更は無いようです。

見分け方はボリュームボタンと再生/一時停止ボタンの位置

第1世代と第2世代の見分け方は、前面にある物理ボタンの配置です。

第1世代は以下の写真のようにボリュームアップ/ダウンがそれぞれ端に配置されています。

Symfoniskの付属品

一方、第2世代はこちらの写真のように2つのボリュームボタンが隣り合っているとのことです。

これはSonosやIkea自身が見分けやすいように変更したのでしょうか?それともユーザーから何かフィードバックがあったのでしょうか?

私は物理ボタンをほとんど使わないので、どちらでも良いと思います。

価格は変わらず、日本での発売時期は不明

日本のIkeaのサイトを見ると、写真からは現在販売されているのは第1世代のように見えます。

ただ、写真を更新せずに商品を変えている可能性はなくもないので、買ってみないとわからないかもしれません。

ヨーロッパでの価格は99ユーロで、これは第1世代から変わっていないです。

何かしらのメリットがあるからこそマイナーアップデートされたはずなので、できれば早く日本でも発売してほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました