防水のSIMロックフリースマホ Moto G が販売開始 Android 6.0 Marshmallowへのアップデートも予定

シェアする

Android

海外のSIMロックフリースマホは日本製のスマホで当たり前の機能がかけていることが多いのが実情です。

そんな中、防水機能に対応したスマートフォンの販売が開始されました。

モトローラ製のMoto Gというスマホ、Android 6.0 Marshmallowへのアップデート予定もあるそうです。

スポンサーリンク

基本はベーシックな5インチスマホ

Moto Gは5インチのSIMロックフリースマホです。

主なスペックは、

  • CPU: Snapdragon 410(4コア@1.4GHz)
  • RAM/ROM: 2GB/16GB
  • ディスプレイ: 5インチ(1280×720ピクセル、Gorilla Glass 3)
  • カメラ: 1300万画素/500万画素
  • バッテリー: 2,470mAh
  • サイズ: 142.1×72.4×6.1mm
  • 重さ: 155g

といったところです。

最近のミドルレンジスマホのトレンドをおさえています。

特徴的な防水機能

Moto Gの特徴的な機能は防水機能です。

防水性能はIPX7というJIS規格に対応しています。Xperia Z5などが採用するIPX8に比べると1ランク下のものであり、少し劣るといえそうです。

JIS規格によると、

  • IPX7: 防浸形  一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない
  • IPX8: 水中水形 継続的に水没しても内部に浸水しない

となっています。

雨でぬれるとか、水で洗うといった用途には耐えそうですが、長時間水中で使うのは限度がありそうです。とはいえ、普段使いとしては十分であるといえると思います。

防水対応であるのに薄さが6.1mmという薄型スマホであるところもうれしいですね。

2016年1月にAndroid 6.0 Marshmallowにアップデート予定

もう1つの目玉が、Android 6.0 Marshmallowにアップデートする予定があるという点です。アップデートは2016年1月を予定しているそうです。

指紋認証のハードウェアは搭載していませんが、Dozeによるバッテリーのもちの向上や、アプリごとの権限コントロールといったところでメリットを享受できそうです。

Android 6.0 Marshmallow のバッテリー改善によりスタンバイ時の動作時間がほぼ3倍に
9To5 Googleによると、Android 6.0 MarshmallowによってNexus 5のスタンバイ時間がほぼ3倍に伸びたそうで...

新しいOSにアップデートが保証されていると長く使えるのでうれしいですね。

価格は24,800円とリーズナブル

Moto Gの価格は24,800円とリーズナブルな価格に設定されています。

NTTコムストア by goo Simsellerで購入するとOCNモバイルONEのSIMがセットになるそうです。

すでに予約は開始されており、2016年1月12日以降の出荷だそうです。

安い防水スマホがほしい方や、Marshmallowへのアップデートが保証された端末を買いたい方にはいい選択肢ではないでしょうか。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする