2015年のスマートフォンのメーカー別出荷台数シェアはサムソンがシェアを落とすもトップを保つ

シェアする

計算

2015年のスマートフォン出荷台数のレポートがIDCからリリースされました。

それによると、メーカー別シェアではサムソンが昨年に続いて首位を保っているそうです。

ただ、シェアは落ち続けており、トップシェアを保ち続けるのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

14億3,000万台のスマートフォンが2015年に出荷される

IDCによると、2015年に出荷されたスマートフォンの台数は14億3,000万台であり、これは過去最高を記録したそうです。

2014年に比べて10.1%の増加だとか。

新興国ではまだスマートフォンが普及しきっていないところもあり、まだこの傾向は続きそうですね。

サムソンが22.7%で首位、以下アップル、Huaweiと続く

一方、メーカー別の出荷台数シェアでは2014年に続いてサムソンがトップとなっています。

メーカー 2015年のシェア 2014年のシェア
サムソン 22.7% 24.4%
アップル 16.2% 14.8%
Huawei 7.4% 5.7%
Lenovo 5.2% 4.6%
Xiaomi 4.9% 4.4%
その他 43.6% 46.1%

これを見るとサムソンの苦境が見て取れます。サムソンが大きくシェアを減らした分がアップルとお中国メーカーに移っています

アップルは好調を維持しており、大きくシェアを伸ばしています。

Huawei、Lenovo、Xiaomiといった中国メーカーがシェアを伸ばしているのも印象的です。

また、「その他」が減っていることから、スマートフォンメーカーの淘汰が進んでいるとみてもいいかもしれません。

追記:OS別のシェアも発表されました

2015年第4四半期のスマートフォンOSシェアはAndroidがシェアを拡大しiOSとWindowsがシェアを落とす
Gartnerから2015年第4四半期のスマートフォン用OSシェアが発表されました。それによると、Androidがさらに勢力を拡大し、iOS...

追記:2015年のスマートフォン向けプロセッサー(CPU)のシェアも発表されました。

アップルのプロセッサー(CPU)の2015年のシェアはスマートフォンで2位、タブレットで1位
相変わらずiPhoneが好調なアップルですが、それによってプロセッサー製造でも好調のようです。iPhoneやiPadにしか使われていないにも...

追記:故障率の統計という面白いデータも発表されました

2015年第4四半期のスマートフォンOSシェアはAndroidがシェアを拡大しiOSとWindowsがシェアを落とす
Gartnerから2015年第4四半期のスマートフォン用OSシェアが発表されました。それによると、Androidがさらに勢力を拡大し、iOS...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする