トップページをリニューアルしました

AmazonからAlexa普及の要となるEcho Flexが登場

Echo Flexガジェット

アマゾンのAlexaはスマートスピーカーの中でもシェアの高いシリーズとなっていますが、それをさらに高めるような製品が現れました。Echo Flexというこの製品、家の全部屋にスマートスピーカーを設置するための製品といっても過言ではありません。

他にもいろいろな新製品を発表しています:

スポンサーリンク

壁のコンセントに直接差せるEcho

このEcho Flexは壁のコンセントに直接差せるようなデザインが特徴です。

その分スピーカーの音質には期待できないわけですが小さいのが特徴です:

大きさ重さ
Echo Flex72 x 67 x 52 mm 150 g
Echo Dot(第3世代)43 x 99 x 99 mm300 g

重さがEcho Dotの半分であり、大きさも高さ以外は小さくなっています。

音質としてはスマートフォンのスピーカーと変わらないくらいだとAmazonが認めているそうです。一応Echo Dotと同じく3.5㎜のステレオミニでの音声出力もあるので外部スピーカーにつなぐことも可能です。

これまでのEcho Dotは置き場所に困ることも多々ありました。サードパーティーの製品にコンセントに直接差せるホルダーがあるほどで、私もそれを使っています。

Echo Flexならコンセントさえあれば設置できるので一気に設置可能な場所が広がっています

激安の2,980円

価格もかなり安くなっています。これまで最も安かったEcho Dotの5,980円をはるかに下回り、定価で2,980円という激安のEchoとなっています。

Echo Dotを1台買うお金があればEcho Flexが2台買える計算です。

この値段なら各部屋に設置しても、という気にさせられます。

USBポート付きでスマホやタブレットの充電や、機能拡張も

また、このEcho FlexにはUSBポート(USB-A)がついています。

このポートにUSBケーブルをさすことでスマホやタブレットの充電ができます。7.5Wの出力があるそうなので、それほど悪くありません。

さらに、オプションパーツとしてフットライト(ナイトライト)やモーションセンサーが用意されています

新登場 【Echo Flex用】 Third Reality ナイトライト (Made for Amazon認証取得)
Third Reality
Echo Flex専用に設計された「Made for Amazon」認証のスマートナイトライト。(その他のEcho端末には対応していません。Echo Flex本体は、同梱されておりませんので、本商品を使用するには別売Echo Flexが必要です。)

フットライトは暗さを自動的に検知して電気をつけてくれます。

新登場 【Echo Flex用】 Third Reality モーションセンサー (Made for Amazon認証取得)
Third Reality
Echo Flex専用に設計された「Made for Amazon」認証のモーションセンサー。(その他のEcho端末には対応していません。Echo Flex本体は、同梱されておりませんので、本商品を使用するには別売Echo Flexが必要です。)

モーションセンサーはEcho Flexの前を何かが通ったことを検知することができ、Alexaの機能でそれにより何らかの動作を起こすことができます。たとえば玄関に設置して、夜に帰宅したら自動的に電気をつけるとか。

これまでのEchoスピーカーに比べて生活に根差した機能を目指していることがわかります。

ここまでやるなら赤外線送信機能を持たせて学習リモコン機能があってもよかったのにな、とも思いますが、それは別で買ってねということなのでしょう。

Alexaが一気に覇権を取りそう?

AlexaはGoogleアシスタントやSiriとの競合にさらされてきましたが、Echo Flexの登場で一気に勝負を決めに来た感があります。

この製品が目指しているのは、スマートスピーカーというある意味音楽を基本にした製品から、生活に欠かせないものへのシフトではないでしょうか。

家中に置くにはスマートスピーカーは大きすぎるし大げさすぎます。Echo Flexくらいがちょうどいい気がします。

これでAlexaがさらに普及すれば、さらにスマート機器がいろいろでてきて、面白いことになりそうです。

新登場 Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa
Amazon
様々な場所を、少し便利に。このプラグイン式スマートスピーカーがあれば、ご自宅のより多くの場所でAlexaの助けを借りることができます。
ガジェット
スポンサーリンク
関連記事
このブログをフォローする
ガジェットスマホタブ好き!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました