AndroidのOSバージョンのシェアにおいてLollipopが33%に リリース後1年での達成

シェアする

Android

GoogleがAndroidのOSバージョンのシェアを公開しました。

ちょうどリリースから1年が経過したLollipop(Android 5.0/5.1)のシェアが33%に達したそうです。

スポンサーリンク

Android 5.0/5.1 Lollipopが普及期に

このシェアは、販売された端末ではなく、使われている端末(Google Playにアクセスした端末)の数で算出されています。

Lollipopのシェアは昨年9月の時点では20%を超える程度でした。

ようやくLollipopのシェアが20%を超える
なかなか普及が進まないAndroid 5.x(5.0,5.1) Lollipopですが、ようやくAndroidの中のシェアが20%を超えたそ...

それが、この3か月で一気に33%まで達したことになります。

現在売られているスマートフォンをみてもほとんどがLollipopであり、普及期に入ったことがうかがえます。

いまだに首位はAndroid 4.4 Kitkat

しかしながら、Lollipopはまだ首位ではありません。

いまだにシェア1位はLollipopの1世代前のAndroid 4.4 KitKatです

Kitkatのシェアは36%だそうなので、次の統計ではLollipopが首位になるかもしれませんね。

依然として最新OSへの更新が遅く、セキュリティ上の不安が大きいAndroid

iOSやWindowsに比べてAndroidは新しいOSへの更新が遅いといわれています。

たとえばiOSの場合、リリース後2日でシェアが21%を超えています:

iOS9のシェアが48時間で21%を超える
最近リリースされたiPhoneやiPad用のiOS9ですが、なんと48時間で21%の人がアップグレードしたそうです。相変わらずiOSの勢いは...

Lollipopが9か月かかったのと対照的です。また、最新のAndroid 6.0 Marshmallowのシェアは現状ほとんど0です。

これはセキュリティ上重大なリスクを抱えていることになります。現状シェアが1位のKitkatには既知の問題が存在しており、そのまま使い続けるのは危険です。

また、一時話題になったstagefright問題はほぼすべてのAndroid端末に存在していたにも関わらず多くの端末で放置されています。

過去最悪の脆弱性「Stagefright」がほぼすべてのAndroidデバイスに見つかる
Zimperium Mobile Labsによると、Androidに過去最悪クラスのセキュリティの脆弱性「Stagefright」が見つかっ...

NexusシリーズやSamsungの端末、それにBlackBerryのAndroid端末(Priv)は頻繁にOSのアップデート(セキュリティーパッチ)を配信することを約束していますが、ほとんどの端末メーカーは作りっぱなしで放置しているのが現状です。

GoogleがNexusデバイスに毎月セキュリティーアップデートを提供することを発表
GoogleがNexusデバイスに対して、毎月セキュリティーアップデートを提供することを発表しました。アップデートをこまめにしてくれることで...
BlackBerry PRIVは通常のAndroidとは異なるセキュリティーパッチ供給ポリシーがとられる
BlackBerry初のAndroid端末である"PRIV"が話題になっています。この端末はセキュリティーが通常のAndroidよりも強化さ...

AndroidはスマホのOSの中で最もシェアが高いOSなので、世界中が危険な状態といっても過言ではありません。何とかこの状況を打破する施策をだしてほしいのですが。。。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする