肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

Androidスマートウォッチに対する”OK Google”がiPhoneで使えるように

ウォッチAndroid

ある意味不思議なニュースです。

Android向けのスマートウォッチソフトウエアであるAndroid WearがiPhoneをサポートするそうです。

これでシェアの巻き返しをはかるのでしょうか。

スポンサーリンク

Android WearがiPhoneで使える

Android WearがiPhoneをサポートしたことにより、“OK Google”がAndroidスマートウォッチとiPhoneの組み合わせで使えるようになります

これにより、iPhoneを使っていても、電話、メッセージ、アプリからの通知をAndroid Wearを搭載したAndroidスマートウォッチで確認できます。

もちろん、例の”OK Google”もしっかりサポートされるようです。

LG Watch Urbaneがサポート

現状でiPhoneと連携して使えるAndroidスマートウォッチはLG Watch Urbaneだけのようです。

LG Watch UrbaneがGoogle Playで発売
スマートウォッチのLG Watch UrbaneがGoogle Playで発売されたようです。今のところ1~2日で出荷となっています。LG Watch Urbaneとは高級腕時計のような外観をもつスマートウォッチです。スペックは、1.3型有...

とはいえ、これから発売されるAndroid Wear搭載スマートウォッチは軒並みiPhoneをサポートすることでしょう。

iPhone側はiPhone 5, 5c, 5s, 6, 6Plusがサポートされており、iOS 8.2以降で使えるそうです。

Apple Watchからのシェア奪回を目指す?

この動きはおそらくApple Watchの圧倒的なシェアに対抗するものであると考えられます。

Apple Watchの出荷台数は400万台で市場の75.5%のシェア
9TO5Macによると、Apple Watchの出荷台数は400万台と予測されています。これにより、スマートウォッチ市場の75.5%のシェアをとったとか。Apple Watchの出荷台数の大小はともかく、スマートウォッチ市場の中では抜群に売...

市場の75.5%のシェアを持っており、圧倒的です。

Android陣営としては、Androidスマートフォンにこだわらず、パイの大きさを広げることで対抗しようとしているのでしょう。

iPhoneユーザーとしてはApple Watch以外の多彩なスマートウォッチが選択肢になるので悪いことではないでしょうね。

ただ、Apple WatchにしてもAndroid Wearにしても、スマートフォンのように「必需品」となる魅力をまだ備えていないように思います。

時計メーカーがこれから本格的にスマートウォッチに参入してくるようですので、手放せなくなるようなスマートウォッチの登場に期待したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました