Apple Musicが半年で1000万人の有料会員を獲得

シェアする

Apple Music

アップルが2015年に開始した音楽ストリーミングサービス “Apple Music” が好調のようです。

登場後半年で有料会員数が1000万人を突破したそうです。

スポンサーリンク

3か月で350万人の有料会員を獲得

アップルは10月の発表で650万人の有料会員がいるとしていました。

Apple Insiderによると現在の有料会員数は1000万人を超えたそうなので、3か月で350万人を獲得したことになります。

これがどれくらいすごいのかというと、現在音楽ストリーミングサービスでトップシェアを誇っているSpotifyの有料会員数が2000万人だそうなので、半年でその半分に達したことになります。

このままいくと、2017年にはApple Musicが音楽ストリーミングサービスにおいてトップシェアを獲得することになるそうです。

音楽のダウンロード配信は下火

音楽ストリーミングサービスが普及する一方尾、ダウンロードによる音楽配信は下火となっています。

アメリカではすでに2014年にダウンロードによるアルバム音楽配信が9%、1曲ずつの配信が12%減少しているそうです。

その一方で音楽ストリーミングサービスが50%増加したそうです。

2015年のデータはまだありませんが、Apple Musicの登場によってこの流れが加速したことは間違いないでしょう。

ハイレゾ音源のストリーミング配信開始で次のステージへ?

アップルはApple Musicにおいて96kHz/24bitのハイレゾ音楽をストリーミング配信しようとしているといわれています。

Apple Musicが2016年中にハイレゾ配信を開始する?
昨年の大きなニュースであったApple Musicですが、今年はさらに攻めていくようです。なんと、ハイレゾ音楽の配信を開始するといううわさが...

これまでの音楽ストリーミングサービスがCDの音質をもとにしていたのに対し、ハイレゾ音楽になるとまた新たな争いが始まるのでしょうね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする