b-mobileの「おかわりSIM」が面白い

シェアする

日本通信(b-mobile)から面白い料金プランが発表されました。

その名も「おかわりSIM」。残念ながらシェアが低下してしまったb-mobileですが、これを機に巻き返してほしいものです。

スポンサーリンク

おかわりSIMとは?

日本通信のHPより

日本通信のHPより

基本料金が1GBの通信量で500円のプランなのですが、1GBを超えると自動的に+250円されてさらに1GB使えるようになります。

最大で5GBまで使えるので、料金も500 + (250*4) = 1500円まで自動的に増加し、その後は200kbpsになるそうです。

容量を「買う」という心理障壁を取り払ったプラン?

これまでも、契約している通信容量以上の通信を行えるプランはありました。しかしながら、それらは追加の通信容量を「買う」というもので、ユーザーが自ら購入という行為を行うことによって増加する仕組みでした。

そうすると、月の残り日数が3日とかだと、今月は我慢するかとなって購入しないケースも多いのではないかと思います。

これに対しておかわりSIMでは自動的に課金することによって、悪く言えばユーザーの知らないうちに料金が増加するシステムになっています。

ユーザーにとってうれしいのは、このシステムを前提としているためか、料金が安い点です。業界最安をうたっているDMM mobileでも1GBで660円なので、さらに安いです。2GBになってもDMM mobileが770円でおかわりSIMが750円なのでまだ安いですね。

うまく利用できればユーザーにとってもかなり魅力のあるプランだと思います。

残念ながら通話SIMプランは無し

今のところデータ通信専用プランのみのようですので、MNPには使えません。

人気が出てきたら対応もあり得るかもしれないので期待したいですね。

こういう新しいプランを待っていた

おかわりSIMはまさに格安SIMの事業者らしい面白いプランだと思います。

このようなプランが色々ほかの事業者からも提案されていくとさらに格安SIM業界が盛り上がり、かつ3大キャリアとのすみわけにもつながると思うのですが。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする