DMM mobileがWonderlinkに対抗して7GBプラン料金を値下げ

シェアする

SIMフリースマホ

DMM mobileが7GBプランの料金値下げを発表しました。

先日のWonderlinkの新プランに対抗したものと思われます。

低速でも700kbps通信のWonderlinkの料金プランの価値とは?
パナソニックがやっているMVNOのWonderlinkが料金プランをリニューアルし、低速でも700kbpsのプラン等を追加しました。700k...

最安値を目指すという言葉を有言実行し続けていますね。

スポンサーリンク

7GBプランの料金を月額20円値下げ

これまで1880円であったデータSIMの7GBのプランを1860円に値下げするとのことです。

これに伴って通話SIMの7GBのプランも2580円から2560円に値下げされます。

Wonderlinkの7GBプランが1870円なのでまさに狙い撃ちですね。

このやり方は昔のソフトバンクを思い出す

このようなDMM mobileのやり方を見ていると昔のソフトバンクを思い出します。

Vodafoneからソフトバンクに変わったころ、他社が新たなプランを出して来たらそれに対抗するプランをすぐに出すという方針でやっていました。

「最も安い」というのはわかりやすいし、消費者にとってもメリットが大きいのでいい宣伝にはなるのでしょうね。

ただ、今のところ自身のプランとかぶるところでより安いプランが出てきた場合は対抗値下げしていますが、たとえばfreetelのような独自性のあるプランに対して対抗するプランを出すようなことはしていません。

freetelの新料金プランは299円からと激安
フリーテル(freetel)の発表会があり、そこで新しい料金プラン(FREETEL SIM)が発表されました。なんとデータ専用が299円から...

DMM mobileのプランはシンプルですし、その土俵の上で戦っていくというのは潔いような気もします。

まずはシェアをとっていく方針?

b3307e8251aa681b7a4d3bba7cc719ca_s

DMM mobileとしてはまずはMVNOの中で一定のシェアをとっていくという方針なのだと思います。

そのうち弱いMVNOが淘汰され、寡占状態になった時に独自性を打ち出したり値上げをするのではないかと。

動画配信や宅配レンタルである程度利益を上げているので体力はあるのではないかと思います。しばらくはこの状態を継続するつもりではないかと。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする