肩こりの改善にはキーボードの打ち方改善が効果的です。鍵盤(キーボード)を大量に打つピアニストに学びましょう。記事はこちら。

FiiOのBTA30が面白そう Bluetooth対応のUSB-DAC

オーディオ

FiiOから発表されたBTA30というDACが面白そうです。Bluetooth付きのUSB-DACなのですが、Bluetoothのスペックはちゃんとしてるし、チップも高品質なものを使用しています。それでいて価格は11,000円前後とリーズナブル。実に興味深いです。

スポンサーリンク

SBC/AAC/aptX/aptX HD/LDAC対応のBluetooth

まず、Bluetoothのコーデックが素晴らしいです。

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX HD
  • LDAC

に対応しており、ほぼ全部入り。ないのはHuawei独自のHWAくらいでしょうか。

ハイレゾ品質のaptX HDとLDACにも対応しているので、音質の面でがっかりすることはなさそうですね。

BluetoothチップにはaptXの開発元でもあるクアルコム製「CSR8675」を採用。相性の面でも信頼がおけそうです。

大きなアンテナもあるので、接続性も良好でしょう。

Bluetoothは送信/受信両対応

そして、普通はこの手のDACはBluetoothは受信専用なのですが、BTA30はなんとBluetooth送信にも対応しています。

送信の場合は受信で対応している5コーデックに加え、aptX LL(Low Latency)にも対応。ゲームなどの遅延が気になるソースでも問題ありません。

用途としては、BTA30にあるデジタル音声入力端子を使い、ゲームをつなげるという感じでしょうか。普段はスピーカーで、夜などはヘッドホンやイヤホンでという使い方ができます。

また、ソースから離れた場所にあるアンプに音楽を届けるにもよさそうですね。

USB-DACはDSD対応

USB-DACとしてもハイレゾに対応しており、

  • 192kHz/24bitのPCM
  • 2.8MHzのDSD

が再生できます。最近のハイエンドに比べると劣っていますが、世の中で出回っているハイレゾ音源のフォーマットを考えると、これくらい対応していれば必要十分です。

DACにはAKM製「AK4490EN」を搭載。どこのメーカーかもわからないチップはなく、音質で定評のある旭化成製なのがポイントです。

価格は11,000円前後、2020年12月4日発売

これだけのスペックで価格は11,000円前後とリーズナブル。有名な高級オーディオメーカーが作れば5,6万円はくだらないのではないでしょうか。

発売は2020年12月4日。かゆいところに手が届きそうなこのオーディオ機器は人気が出るかもしれません。

コメント

  1. natsukusa より:

    レシーバー機能の無いステレオプリメインアンプ(ヤマハA-S2100)にBluetoothレシーバーをケーブル接続して、iPhone7から”radiko”の放送音源やアップルミュージックなどの音源を聴きたいと思っています。
    そのあたりの知識はまったくの素人で、ネットでいろいろ探してみた所、購入候補としてのBluetoothレシーバーを一応、FiiOの”BTA30″ か iFiの”ZEN Blue” あたりが良いのではないかと推測しています。とは言え、自信はなく他にも適した物があるのかも分かりません。
    アンプ側には同軸端子も付いていますので、レシーバーとの接続はRCAか同軸ケーブルでつなぐことができます。
    よろしければ、私のような使用目的の場合、どのような機種が適しているかお教え下されば幸いです。
    初めてのコメントで、いきなりの質問で大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

    • はりーはりー より:

      natsukusa様:

      コメントありがとうございます。

      せっかくA-S2100にXLR入力があるので、これをいかすとするとZEN Blueではないでしょうか。
      これには4.4ミリバランスライン出力があるので、変換プラグを使えばバランスで接続ができそうです。

      予算があるのであれば、S.M.S.L M400もおすすめです。
      こちらはXLR出力があるので、直でつなげられるかと思います。

  2. natsukusa より:

    早速のお答え、ありがとうございます。
    とても参考になり、また心強く感じています。

    ZEN Blue + 変換ケーブル(4.4ミリ〜XLR)にしようと思います。

    ど素人ですが、今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました