Googleがロシアで独占禁止法違反での調査を受ける

シェアする

Android

Googleがロシアで独占禁止法違反での調査を受けているそうです。

何が問題だと判断されたのでしょうか?

スポンサーリンク

Androidにプリインストールされているアプリが問題

Android CentralによるとAndroidにプリインストールされているアプリが問題視されたようです。

GoogleはAndroidを無償で提供していますが、端末を開発するメーカーにいくつかのアプリをプリインストールすることを義務付けています。

その中にはGmailやGoogleマップが含まれています。

また、これらのプリインストールアプリは削除することもできません。

先日、Google+やニューススタンドがインストールが必須のアプリから除外されたようです。

しかし、スマートフォンを便利に使うために必須な機能の多くが、Google製アプリとしてプリインストールされていることが問題視されたようです。

過去にはインターネットエクスプローラー(IE)も

同様の独占禁止法違反の調査はマイクロソフトも受けています。

Windowsに標準搭載されているインターネットエクスプローラーがブラウザの正当な競争を阻害しているとしてヨーロッパで違反の判断を受けました

このため、マイクロソフトはヨーロッパでインターネットエクスプローラーがインストールされていないWindowsを発売しています。

Googleもマイクロソフトと同じ措置を行う?

もはやGmailやGoogleマップは世の中でデファクトの地位を築いていますので、デフォルトでこれらのアプリがインストールされていなくても問題ないような気もします。

逆にユーザーにとっては、最初から入っていたら便利だったのにいちいちインストールしなくてはいけなくなるのが面倒かもしれません。

一部のコアなユーザーにとってはこれらのアプリが削除できないのでストレージ容量が圧迫されるのを嫌うかもしれませんが。。。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする