GoogleがGoogle+とYouTubeを含むサービスとの統合を廃止

シェアする

音楽を聴く

GoogleがGoogle+とYouTube等のGoogleが提供するサービスとの統合を廃止する方針を発表しました。

これはいったい何を意味しているのでしょうか?

スポンサーリンク

元々Google+のテコ入れが目的だった

そもそもGoogleがGoogle+とその他のサービスを統合しようとしていたのは、Google+のテコ入れが目的であったといわれています。

FacebookやTwitterにソーシャルメディアとして水をあけられてしまい、Google+をより普及させるためにある意味で「無理やり」ユーザーにGoogle+に登録させていました。

たとえば、Gmailに新規アカウントを作るときにGoogle+のプロフィール入力が必要だったり、YouTubeへのアップロードを行うのにGoogle+のアカウントが必要なのがその一環です。

Google+アカウント不要でサービスが使用可能に

今後数週間以内に、まずはYouTubeにアップロードするのにGoogle+アカウントが不要になるそうです。

また、YouTube上のコメントはGoogle+に反映されなくなるとか。

他にも、すでにGmailアドレス作成時にプロフィール入力が不要になっていたり、Google PhotosがGoogle+から分離して独立されたのもこの動きの一部と言えます。

Google+はどうなるのか?

すぐにGoogle+を廃止するという話ではないようですが、Googleサービスの根幹をなす目的で整備されてきたGoogle+が弱体化するのは間違いないでしょう。

今のところユーザーとしては、Googleのサービスを使うのにGoogle+がないと困るということはないので構わないのですが。。。

Google+との無理な統合をやめることによって、個々のサービスの品質が向上するのであればうれしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする