GoogleのNexus向け2016年1月の月次アップデート LMY49F が公開される

シェアする

セキュリティ

Nexusデバイス向けの月次セキュリティーアップデートが公開されました。

今回のビルド番号は LMY49F だそうです。

スポンサーリンク

修正内容

Googleによると、どの脆弱性もこれまでそれを利用して攻撃を受けた実績はないそうです。

対象は以下のデバイスです:

  • Nexus 6P
  • Nexus 5X
  • Nexus 6
  • Nexus Player
  • Nexus 9
  • Nexus 5
  • Nexus 7 2013

今回はAndroid 6.0.1 Marshmallowに対する修正なので、Nexus 4やNexus 7 2012といったデバイスは含まれていないみたいです。

不当に高い権限が取得できてしまう脆弱性を修正

今回のアップデートの目玉は、不当に高い権限が取得できてしまう脆弱性の修正だそうです。

問題は多岐にわたっており、Bluetooth、カーネル、セットアップウィザード、無線LAN、TrutZone、Imagination社製グラフィックドライバー、SDドライバーが修正されているそうです。

遠隔操作できる脆弱性を修正

また、メディアサーバーにも脆弱性があり、リモートでプログラムが実行できてしまう問題が修正されているそうです。

Nexus向けカーネルの問題を修正

Nexus向けカーネルが攻撃を受ける問題も修正されているそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする