HuaweiがMWC 2016で4つのP9シリーズを発表? 日本で人気のP8 liteの後継製品

シェアする

Android

Huaweiは今最も勢いのあるスマートフォンメーカーの1つといっていいかと思います。

そんなHuaweiが2月21日から始まるMWC2016で4つの”P9″シリーズを発表するそうです。

P8liteは日本でも人気でしたので期待が持てますね。

スポンサーリンク

1000万台以上を売り上げたP8シリーズ

HuaweiのP8シリーズはかなりの人気を見せ、1,000万台以上の売り上げがあるそうです。

9to5MacによるとP8シリーズは1,600万台が売れ、その中でもP8 liteは1,000万台以上売れたそうです。

P8 liteは日本でも人気なのでそれも納得です。

4つのバリエーションを持つP9シリーズ

そんな人気のP8シリーズの後継として、Huaweiは2016年にP9シリーズを発売するといわれています。

登場がうわさされるのは4つのバリエーションで、

  • P9
  • P9 Max
  • P9 Lite
  • 新しいP9(Premium?Plus?)

が登場するそうです。

最初の3つはP8同じで、基本のP9、大画面のP9 Max、安めのP9 Liteという位置づけのようです。

4つ目のP9はプレミアムモデルに

一方、4つ目のP9は新しいモデルになるそうです。

特徴としては、P9に比べて、

  • 少し大きめのディスプレイ
  • RAMとストレージを増量
  • デュアルカメラ

という機能強化が図られるそうです。

デュアルカメラというと、Huaweiのhonor 6 plusがあります。

honor6 plus はAndroid 6.0 Marshmallowにアップデートされる
Huaweiのhonor6 plusは日本でも人気のSIMロックフリーのスマートフォンの一つです。 そのhonor6 plusがなんとAn...

P9のプレミアムモデルにも基本は同じものが搭載されるようですが、さらに機能拡張が図られるそうです。

ディスプレイ解像度はFull HD(1920×1080)にとどまる

一方、P9シリーズに限らず、Huaweiの2016年モデルのディスプレイの解像度はFull HD(1920×1080)にとどまるようです。

最近のハイエンドスマートフォンはQHD(2560×1440)という解像度をもつものもあります。Huaweiが製造しているNexus 6Pもこの解像度です。

しかし、Huaweiとしてはバッテリーの持ちを考えるとFull HDが適当だと考えているようです。

確かに、5~6インチクラスのディスプレイではQHDもFull HDも変わらなく見えるかもしれません。

日本での発売や価格は不明

まだ日本での発売情報や、価格については不明です。

グローバルに展開しているHuaweiなので日本での発売も十分にあり得るかとは思います。

追記:P9のスペックがリークされました

Huaweiの次期フラッグシップ機 P9 のスペックがリークされる 1,200万画素のデュアルカメラ搭載
Huaweiの次期フラッグシップ機といわれるP9シリーズのスペックがリークされました。フラッグシップ機にふさわしいスペックと、特徴的なデュア...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする