iPhone 7 および 7 Plus は3.5mmイヤホン端子を廃止しワイヤレスイヤホンをメインに

シェアする

iPhone

アップルが次期iPhoneである iPhone 7 および iPhone 7 Plusで3.5mmイヤホン端子を廃止し、代わりにワイヤレスイヤホンをメインにするそうです。

iPodから発展したiPhoneとしてはある意味歴史的な出来事かもしれません。

スポンサーリンク

防水性の確保と薄さのため?

3.5mmのイヤホン端子はほぼすべてのスマートフォンに搭載されており、多くのイヤホンが発売されています。

にもかかわらずこれを廃止するからには相当の理由があると考えられます。

考えられる1つの理由は防水機能です。

iPhone 7の世代では防水機能を実装するといううわさがあります

iPhone7には新素材が採用されて防水かつ防塵になる?
iPhone 6s および iPhone 6s Plus が発売されたばかりではありますが、すでに次のiPhoneに関するうわさが出てきてい...

防水性の確保には開口部が問題となりますので、できるだけ開口部は少ないほうがいいです。

また、薄さの追求という説もあります。LightningポートにしてもUSB-Cポートにしてもかなり薄さを追求した仕様になっており、3.5mmのイヤホンジャックがボトルネックになっているのかもしれません

3.5mmイヤホンジャックの代わりにワイヤレスイヤホンをメインに

9to5 Macによると、3.5mmイヤホン端子を廃止した後はワイヤレスイヤホンをメインに据えるそうです。

ほかの選択肢としてはLightning端子にイヤホンを接続することもできますが、現状は対応しているイヤホンがそもそも少なく、それらは高価なものばかりです。

このため、現在のアップル製品に付属しているイヤホンである「EarPods」のワイヤレス版をiPhone 7および7 Plusにつけて販売するそうです。

実は初代iPhoneのオプションとしてワイヤレスイヤホンが存在したそうなのですが、高価なためあまり売れなかったとか。。。

最初から付属する分には問題ありませんね。

規格はBluetooth?独自規格?LDAC?

問題はワイヤレスイヤホンの規格です。今のところどのような規格になるのかわかっていません。

一番あり得る候補はBluetoothです。すでに市場に多くの製品があり、実績もあります。これまでのiPhoneにもBluetoothが搭載されていますので、アップルとしても開発の手間が一番少ないかもしれません。

しかし、気になるのはアップルがApple Musicでハイレゾ音源を配信するという噂です。

Apple Musicが2016年中にハイレゾ配信を開始する?
昨年の大きなニュースであったApple Musicですが、今年はさらに攻めていくようです。なんと、ハイレゾ音楽の配信を開始するといううわさが...

これが本当であるとすると、iPhoneでハイレゾをサポートするのは必須であり、ワイヤレスイヤホンでもハイレゾ対応が求められることでしょう。

しかし、Bluetoothの公式規格にはハイレゾ音源を再生するものはありません。ソニーが独自にLDACというハイレゾを再生できるBluetooth規格を提唱していますが、あくまで独自なものにとどまっています。

アップルが独自のハイレゾ対応ワイヤレス音楽再生規格を立ち上げる可能性は十分あります。

完全独自というのはリスクが大きいので、LDACのようにBluetoothの範疇の独自規格というのが落としどころでしょうか。あるいは、LDACをサポートしたらそれはそれで面白いですが。。。

iPhone 7/7 Plusを買う予定があればイヤホン購入は待った方がいいかも

いずれにせよ、3.5mmイヤホン端子が廃止される可能性がある以上、iPhone 7世代を購入予定の方はイヤホン購入を待った方がいいかもしれません。

Lightning端子から3.5mmイヤホン端子に変換するアダプターは出そうな気もしますが、あまりスマートでないですし。

Bluetoothイヤホンであればそのまま使えるでしょうが(Bluetoothを廃止することはないでしょうから)、音質重視で高いものを買うのは待った方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする