iPhone7には新素材が採用されて防水かつ防塵になる?

シェアする

iPhone

iPhone 6s および iPhone 6s Plus が発売されたばかりではありますが、すでに次のiPhoneに関するうわさが出てきています。

iPhone 7では外装に新素材を採用し、防水かつ防塵になるそうです。

まだ1年も先のことではありますが、これからどんどんうわさが出てくるのでしょうね。

スポンサーリンク

防水機能と防塵機能を搭載

9To5 MacによるとiPhone7は防水かつ防塵のスマートフォンになるそうです。

すでに日本のAndroidでは当たり前、世界でもちらほらAndroid端末で防水機能が搭載されたデバイスが発売されていますが、AppleのiPhoneはいまだかつて防水機能は搭載されていません。

1世代iPhoneが進むごとに何か新機能を入れないといけないので、防水によって重く大きくなっても、入れる価値があると判断したのでしょう。

外装に「新素材」を採用

また、iPhone7には今までのiPhoneとは異なる「新素材」を外装に採用するそうです。

どのような素材なのかについては明らかにされていません。

一時期はやったマグネシウムを使うのか、セラミックなのか、チタンとかも面白そうですね。

すでに腕時計の世界では様々な素材がケースやバンドの素材として採用されていますので、そういったところから新たなアイデアをとってくるのかもしれません。

「完全にフラットな」液晶ディスプレイパネルを採用

さらに、iPhone7には「完全にフラットな」液晶ディスプレイパネルを採用するそうです。

こちらも詳細は明らかにされていませんが、以前からうわさのあった、ボタンをなくして前面タッチパネルにするということなのでしょうか?

超音波を使った指紋センサーでボタンのないiPhoneやスマートフォンが登場?
指紋センサーはiPhoneに搭載されたり、Android Mで公式サポートされるなど、ロック画面を解除する簡単な手段として普及しつつあります...

物理ボタンは故障の原因のトップにあり、iPhoneのホームボタンもよく壊れますので、ボタンがなくなることはいいことかと思います。

iPhone7が完全に新しいデバイスになれるかがアップルの勝負のカギ

これまでの慣習からすると、次のiPhoneはちょい変のiPhoneではなく、大きく変わるiPhoneとなるはずです。

1年後にはさらにスマートフォンがコモでティーかしているであろう中で、アップルが大きな影響力を保てるかはこのデバイスにかかっているといえるかと思います。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする