iPhone7のワイヤレスイヤホンは”AIRPODS”という名称?左右独立やノイズキャンセリング機能の噂

シェアする

iPhone

iPhone 7でアップルは3.5mmのイヤホン端子を廃止するという噂があります。

これに伴い、音楽鑑賞にはワイヤレスイヤホン(ヘッドホン)かLightningポート接続のイヤホンが必要となります。

アップルが開発中とされる純正アクセサリーのワイヤレスイヤホンの噂がいろいろ出てきました。

スポンサーリンク

名前は”AIRPODS”?

アップルはiPhone7で防水機能や薄さのためにイヤホンジャックを廃止するという噂があります。

iPhone 7 および 7 Plus は3.5mmイヤホン端子を廃止しワイヤレスイヤホンをメインに
アップルが次期iPhoneである iPhone 7 および iPhone 7 Plusで3.5mmイヤホン端子を廃止し、代わりにワイヤレスイ...

これと同時に純正のワイヤレスイヤホンを開発中とか。

そのワイヤレスイヤホンの名前こそが10月にアップルが商標を取得した”AIRPODS”ではないかという噂が出てきました。

最近のiPhoneの付属品であるイヤホンは”EarPods”であり、名前が似ており、ワイヤレスっぽいことから、この推測が出てきたようです。

ノイズキャンセリング機能や骨伝導機能が搭載される?

また、このワイヤレスイヤホンにはノイズキャンセリング機能や骨伝導機能が搭載されるという話もあります。

最近アップルが公開した特許の中にノイズキャンセリング機能や骨伝導機能を搭載したイヤホンがあるためとのことです。

ノイズキャンセリング機能は電車やバス、飛行機の中では大変ありがたい機能です。骨伝導は音質のほうが気になりますが、車や自転車で使うには便利かと思います。

左右独立式のワイヤレスイヤホン?

さらに、このワイヤレスイヤホンは左右独立式ではないかという噂もあります。

従来のBluetoothイヤホンは、左右どちらかに電波を受信する装置があり、そこから金属線でもう一方のイヤホンを駆動するという方式でした。

最近は、”Pearbuds”のように、左右が完全に独立したワイヤレスイヤホンも出てきています。この方式なら煩わしいケーブルが存在しないため、より快適に音楽を聴くことができます。

AppleWatchのためにも重要性を増すワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンの目的はiPhone7だけではないようです。

アップルが力を入れているAppleWatchのためにも役に立ちます。

AppleWatchにはイヤホン端子がないため、単体で音楽を聴くことができません(イヤホン端子があっても邪魔かもしれませんが。。。)。ワイヤレスイヤホンならAppleWatchから直接音楽が再生でき、iPhone自体のバッテリーを消費しなくて済むかもしれません。

3.5mmイヤホン端子の廃止はスマートフォンの歴史的転換点

ほぼすべてのスマートフォンに搭載されてきた3.5mmイヤホン端子の廃止はある意味歴史的転換点ともいえます。

iPhone7が本当にイヤホン端子を廃止するなら、おそらくその波はAndroidにもやってくることでしょう。

ぜひともiPhoneとAndroidはワイヤレスイヤホンの共通規格を使ってほしいものです。そうしないと余計に乗り換えが面倒になって重い腰がさらに重くなってしまいます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする