Nexus9にもStagefrightを対策したLMY48IがOTAでやってきた

シェアする

LMY48I Nexus 9 OTA

昨日ようやくNexus 7(2013)にStagefright問題を対策したビルドであるLMY48IがOTAでやってきました。

Nexus 7(2013)向けの月次アップデート Stagefrightが修正されているLMY48IがOTAでやってきた
Nexus 7(2013)に今月から始まったGoogleの月次アップデートがやってきました。今回やってきたイメージのビルド番号はLMY48I...

そして、今日はNexus 9向けのLMY48IのOTAが降ってきました

Android 5.1.1のアップデートの時には長く待たされたのですが、今回は早かったですね。

スポンサーリンク

LMY47X→LMY48IへOTAアップデート

LMY48I Nexus 9 OTA

いつも通りのアップデート画面が出てくるので、インストールを行います。

Nexus 9 LMY47X

アップデート前のビルド番号はLMY47Xでした。

Nexus 9 LMY48I

アップデート後にはビルド番号がLMY48Iになります。

Nexus 7(2013)の場合はLMY48GからLMY48Iだったので、アップデート前のバージョンが結構違います。

アップデート後にはビルド番号を合わせたのですかね。

動作は問題なし

アップデートには30分~1時間ほどかかりました。

アップデート後の動作には特に問題はなさそうです。

新機能があるわけではないですが、過去最悪の脆弱性が解決したと思うと気持ちよくデバイスを使えますね。

追記:8月の月次セキュリティーアップデートが配信され、内容はStagefright問題対策であると発表されました。

Googleから8月のNexus向けの月次セキュリティーアップデートはStagefright問題対策だと正式に発表される
GoogleのAndroidセキュリティーのAdrian Ludwig氏から8月のNexusデバイス向け月次セキュリティーアップデートはSt...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする