NTTドコモが5Gと呼ばれる10Gbpsをこえる通信速度の通信技術開発を発表

シェアする

NTTドコモが世界の8社と共同で「5G」と呼ばれる次世代の無線通信技術開発を行うことを発表しました。

通信速度はなんと10Gbpsをこえるとか。

2020年にサービス開始とのことですが、ここまで高速な通信が必要とされる時代となっているのでしょうか。

スポンサーリンク

10Gbpsを超える通信速度の実現

この5Gではなんと10Gbpsをこえる通信速度を目指すそうです。

最近発表された技術でも370Mbpsという、そんじゃそこらの有線通信でもかなわない速度が実現されていましたが、それをはるかに超える速度です。

ドコモが370Mbpsの通信サービスを2016年に開始
NTTドコモが2016年から370Mbpsという高速な通信サービスを開始すると発表しました。これだけ高速な通信だと有線よりも速いというケース...

IoTへの対応

5GではIoT(モノのインターネット)への対応を目指し、高い信頼性と低遅延を実現した通信を目指すそうです。

たとえば、自動車間の通信によって周りの安全情報をやり取りすることを考えると、高い信頼性は必須です。通信が乗っ取られて誤った情報を流すと、それによって事故を引き起こす可能性があります。

また、低遅延でないと、せっかくやり取りする情報が有効活用できなくなってしまいます。

5Gは2020年のサービス提供を目指す

NTTドコモは2020年に5Gのサービス開始予定と発表しています。

そのころには当たり前のようにいろいろなものがインターネットに接続し、より快適で安全な社会が実現できているといいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする