Polaroid piguとSAMURAI 雅(MIYABI)のカメラ画質比較

シェアする

SAMURAI 雅(miyabi)で撮影した花

到着から一夜明けてMIYABIを使う環境を一通り整えることができました。

今回はカメラの画質を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

Polaroid piguとの比較

カメラの画質は今まで使っていたPolaroid piguと比較したいと思います。

…といっても、Polaroid piguはオートフォーカスもフラッシュもない500万画素のデジカメなのに対して、miyabiはオートフォーカスもフラッシュもついている1,300万画素のカメラなので勝負は目に見えていますが。

こちらがPolaroid piguので撮影した写真:

Polaroid piguでとった野菜ジュース

こちらがSAMURAI miyabi(雅)で撮影した写真:

SAMURAI 雅(miyabi)でとった野菜ジュース

miyabiの方が温かみのある色になっている点はおいといて、さすがにオートフォーカスがついているカメラは像がしっかりしています。

また、piguの方はレンズ周辺が流れるような感じになっていますが、miyabiはしっかりしています。

miyabiの圧勝といえるかと。

外で撮影した写真

今度はmiyabiを使って外で撮影した写真を。さすがにpiguより素晴らしい!だけではあまり意味がないさそうなので(笑)

民家の玄関にあったハロウィンのかぼちゃを撮影しました。かぼちゃの顔でしっかり写っています:

SAMURAI 雅(miyabi)で撮影した風景

ただ、等倍で見ると結構ノイズが目立つのと、空が周辺が白飛びしていて電線とか電柱と空の境界まで飛んでしまっているのが気になります。雨が降っていて暗いせいかと思いましたが、EXIF情報を確認するとISO感度は119相当なので、これが実力のようです。

さすがにそこまでのことを2万円以下のスマホに求めるのは酷ですし、ブログ用のスナップ写真だったら十分ではないでしょうか。

こちらは至近距離でとった花です:

SAMURAI 雅(miyabi)で撮影した花

そこそこ色鮮やかには写っていますし、葉っぱの葉脈もしっかり見えます。

が、やはり等倍で見るとノイズが目立ちます。こちらはISO189相当のようなので、やはいr実力ですね。

とはいえ、ブログ等には十分な画質といえるかと思います。

MIYABIのカメラは値段相応の画質を備える、ただし過大な期待は禁物

まだ少ししか撮影していませんが、MIYABIのカメラは値段相応の画質は備えていると考えます。

4,980円だったpiguよりは明らかに画質はいいですし、スナップ撮影をしてブログにアップルする程度には十分な画質ではないでしょうか。

ただ、趣味としての写真や、等倍で見てもきれいな写真を求めるにはちょっと苦しそうです。

値段同様、気軽に使うのがいいですね。

追記(10/12):今度はデジカメの画質と比べてみました。

FREETELのSAMURAI 雅(MIYABI)のカメラ画質をデジカメと比較したレビュー
昨日はフリーテルのSAMURAI 雅(MIYABI)のカメラの画質を同じくスマートフォンであるPolaroid piguのものと比較しました...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする