SongPalで「再生に失敗しました。」となるのはSRS-X9のせいでした

シェアする

先日、SongPalで「再生に失敗しました。」となる場合の法則とその対処法について書きました

ソニーにこの現象について問い合わせたところ、SRS-X9の「制限事項」にあたるという回答をもらいました。どう考えても不具合のように思うのですが、「制限事項」だそうなので修正してくれないそうです。ひどいです。

スポンサーリンク

「制限事項」の内容

その制限事項とは、

「SRS-X9」では、アーティスト名、アルバム名、トラック名に
”res (スペース)“ の4文字を含む楽曲を再生することができません。

というものだそうです。”res(スペース)”とは、”res “のことですね。

確かに、これまで再生できなかった曲は、

  • Picture At…
  • Tres Piezas
  • Andres Segovia

といったものなので、まさにこの「制限事項」にあたっています。

これって不具合じゃないの?

ba4461e64f8b79caa77d2f8a50347b40_s

不具合ではないそうです。

ソニーが主張するには、ヘルプガイド等に

「全てのファイルの再生を保証するものではありません。」

と書いてあるので制限事項だとか。

なんというか、子供のいいわけのようです。

とりあえず手動で対処するしかない

cebc1d7e5c9c8f6b1806c98dba80be0b_s

仕方ないので、ライブラリ上で”res “が含まれるものを検索してすべて”res_”に置き換えました。

結構手間で、

  1. MediaGoで検索欄に”res”と入れて一覧を出す
  2. 1つずつどこに”res “が入っているかを確認(アーティスト名/アルバム名/曲名,複数の場合も。。。)
  3. 1つずつ”res “を”res_”に置き換える

という作業が必要でした。スクリプトでも書けばいいのかもしれませんが、Windows上でそんなことをする気にもならず。

「制限事項」でもいいからとにかく情報を公開してほしい

今回の件については、情報がないのが一番ひどいところだと思います。

最初から”res “がだめなのがわかっていれば、そう思って音楽ライブラリを作りますが、なぜ再生できないのかもわからないまま「再生に失敗しました」というのはあまりにつらいです。

SRS-X9は気に入って使っていますが、次はどうしようか考えさせられる出来事でした。

追記(9/30):突然この不具合が修正されました。何かあったのだろうか。。。

SRS-X9の不具合が解消
以前このブログで紹介していたSRS-X9の不具合が解消されました。ソニーに問い合わせた時は直してくれなさそうだったのですが。。。とりあえず直...
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする