TwitterのDMの文字数制限が140文字→一万文字に大幅緩和

シェアする

TwitterがDM(ダイレクトメッセージ)の文字数制限を緩和すると発表しました。

最近業績不振でCEOが辞任したくらい調子が悪いので、その改善のための施策でしょうか。

スポンサーリンク

140文字を1万文字に大幅緩和

これまでのTwitterはつぶやきもDMも140字という文字数制限がありました。

それが、DMのほうのみ1万文字に大幅緩和するとのことです。

およそ70倍の大幅緩和ですね。

アプリ側の対応が必要

1万文字のDMを送るにはアプリ側の対応が必要です。公式アプリはすぐに対応するでしょうが、サードパーティのアプリを使っている人は注意が必要ですね。

果たしてユーザーにとって利益となるのか

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

これまでのTwitterは良くも悪くも「140文字」という制限が特徴で、その範囲でいかに有益な情報を詰め込むかがポイントでした。

つぶやきはそれでいいのかもしれませんが、確かにDMに関しては140文字というのは短すぎるのはその通りだと思います。昔の携帯電話でSMSを送るときに128文字程度にいかに詰め込むかで苦心していたのを思い出します。

ただ、わざわざDMのためにメッセージツールをTwitterに乗り換える人がどれだけいるかは疑問が残るところです。すでにFacebookがMessengerアプリでかなりのシェアをとっていることですし、同じようなツールを発表しても効果は少ないかと。

Twitterらしい拡張をDMにできるかどうかがカギかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする