vivosmart4に初のアップデート v2.60 がリリース アップデートのやり方と内容について

vivosmart4のv2.60アップデート通知 ガジェット
スポンサーリンク

Body Batteryというほかにない機能を搭載したvivosmart4に日本国内で初のアップデートがリリースされました。

v2.40からv2.60というバージョンにアップデートされます。

アップデートのやり方と内容について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

充電ケーブルの電圧が低い場合の警告とBody Batteryの改善が主な内容

日本のGarminのHPによると、今回のアップデートでは、

  • 充電ケーブルの電圧が低い場合、取り外し時にメッセージを表示するようにサポート
  • Body batteryの改善

というところが更新されるそうです。

ちなみに、このv2.60はアメリカなどではすでに公開されており、v2.40からv2.60までのアップデートとして、

Changes made from version 2.50 to 2.60:

  • Improved ‘Check Charge Connection’ messaging

Changes made from version 2.40 to 2.50:

  • Added alert for when charging clip is not properly attached
  • Pulse-Ox improvements
  • Increased breathe timer duration
  • Body battery improvement
  • Added Vibe to Pulse Ox Reading
  • Improved weather caching

という内容が紹介されています。SpO2センサーを使うPulse-Oxは下記記事の通り日本では使えないのでしょうがないとしても、他は改善されないのですかね。

(追記有) SpO2(血中酸素濃度)センサーは日本では使用できない 薬事法上の制約
最近のスマートセンサーやアクティビティートラッカーにはSpO2センサーという血中酸素濃度を測定するセンサーが搭載され、それを売りにした広告が出ています。 しかしながら、実はこの機能は日本では法律上の制約で使えないそうです。 血液の中...

ちなみにv2.60は本国では10月23日に公開されているのに対して日本では11月19日と約一か月遅れでのアップデート公開となっています。

アップデートはPCからGarmin Expressを使って行う

vivosmart4のアップデートは残念ながらスマホから行うことはできないようです。

WindowsまたはMacにGarming Expressというソフトをインストールして行います。

Garmin Expressはこちらからダウンロードします。

そして、このソフトを立ち上げるとアップデートが通知されます:

vivosmart4のv2.60アップデート通知

インストールを押すとPCにvivosmart4を接続することを促されます。充電ケーブルをUSB端子につなぐだけです。

アップデート中のvivosmart4

するとこんな感じでアップデートが始まります。速度は最初から最後まで0KB/秒でした。。。

Body Batteryの何が改善されたかは謎

そんなわけでアップデートはあっさりできました。

しかしながら、今のところBody Batteryの何が改善されたのかわかりません

使っていくうちに何か気づいたらこの記事を更新したいと思います。

できればこちらの記事に書いた点も改善してほしいのですが。。。

https://gadgetsmartphone.net/vivosmart-4-のバッテリーは本当に7日間持つのか?%e3%80%80一週/

ガジェット
スポンサーリンク
関連記事
このブログをフォローする
ガジェットスマホタブ好き!!

コメント