WIndows10がリリース1か月で7500万台のパソコンにインストールされる

シェアする

Windowsストア

Apple Insiderによると、7月末にリリースされたWindows10が1か月で7500万台のパソコンにインストールされたそうです。

無料アップグレードが可能であるとはいえ、Windows8やWindows7に比べるとかなり速いペースで乗り換えが進んでいるようです。

スポンサーリンク

1か月で7500万台のパソコンがWindows10にアップグレードされる

記事によると、Windows7は6000万台を達成するのに2か月、Windows8は4000万台を達成するのに1か月かかったそうです。

それらに比べるとWindows10が1か月で7500万台を達成したというのはかなり速いペースであるように見えます。

背景にはやはりWindows10に無料でアップグレードできるユーザーが多数いるということがあるのでしょう。

同じく無料アップグレードが可能なMacでは、OS X Yosemiteは1週間で12.8%のユーザーがアップグレードし、3.5か月で49%のユーザーがYosemiteに乗り換えたそうです。

Windowsはいまだにパソコン市場を独占

最近はスマートフォンやタブレットデバイスが台頭してきたとはいえ、Windowsはまだまだパソコン市場を独占しているそうです。

インターネット通信において、2015年7月の帯域の90%をWindowsが占めているそうです。

また、6月に出荷されたパソコンの台数は6840万台だそうですが、そのうち480万台がMacで、残りはWindowsだそうです。

マイクロソフトは3年で100億台のWindows10搭載デバイスを目指す

マイクロソフトは3年で100億台のWindows10搭載デバイス達成を目標としているそうです。

1か月で7500万台を達成したとはいえ、ここからの道のりは長いかもしれません。

WindowsがMacと異なるのは、かなりの台数がビジネス用途で使われているという点です。

ビジネス用途の場合は最新のOSに乗り換えるのはかなり時間がたってからのことが多く、いまだにWindows XPが使われているパソコンが多くあるという話もあります。

その壁を越えてWindowsがパソコン市場を独占し続け、Windows 10 Mobileでスマートフォンやタブレット市場に食い込めるかに注目です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする