アップルのプロセッサー(CPU)の2015年のシェアはスマートフォンで2位、タブレットで1位

シェアする

計算

相変わらずiPhoneが好調なアップルですが、それによってプロセッサー製造でも好調のようです。

iPhoneやiPadにしか使われていないにもかかわらず、2015年のアップルのプロセッサー製造のシェアはスマートフォン向けで2位、タブレット向けで2位となっているそうです。

圧倒的なシェアのなせる業ですね。

スポンサーリンク

スマートフォン向けではQualcommに次いで2位

Apple Insiderによると、2015年のスマートフォン向けのアプリケーションプロセッサー(CPU)のシェアで、アップルはQualcommに次ぐ2位であったそうです:

メーカー シェア
Qualcomm 42%
Apple 21%
Mediatek 19%
その他 18%

首位はSnapdragonシリーズで多くのAndroidスマートフォンで採用のあるQualcommです。42%と半分に近いシェアを持っています。

アップルはその次であり、21%となっています。驚くべきは、アップルの製造するアプリケーションプロセッサーはiPhoneにしか使われていないという点です。Snapdragonは非常に多くの種類のスマホに使われていることを考えると、とんでもないシェアといえます。

ミドルからローエンドのスマートフォンで使われているMediatek社のCPUは19%で3位となっています。

パソコン向けでは圧倒的なシェアのインテルは「その他」に分類されてしまっています。シェア自体は伸びており、前年に比べて66%増えています。が、シェアは1%と低いです

参考:

なぜAndroidスマートフォンはQualcommのSnapdragonやMediatekばかりでIntelのAtomは少ないのか?
現在売られているスマートフォンのスペックを見ると、たいていCPUにはクアルコムのSnapdragonシリーズか、Mediatek社製のものが...

64ビット対応のアプリケーションプロセッサーが半分以上に

今年の面白い傾向として、64ビット対応のCPUを搭載したアプリケーションプロセッサーが全体の半分以上を占めるようになったそうです。

そして、2015年にQualcommがようやくアップルを64ビット対応アプリケーションプロセッサーのシェアで抜いたそうです。

最初のスマートフォン向け64ビット対応アプリケーションプロセッサーはアップルのA7でした。このプロセッサーは2013年に発売されたiPhone 5sに搭載されており、Androidよりもかなり普及しています。

ようやくAndroidスマートフォンも64ビット対応が普及し、アップルを抜いたようです。

タブレット向けアプリケーションプロセッサーではアップルが首位

一方、2015年のタブレット向けのCPUではアップルが首位となっています:

メーカー シェア
Apple 31%
Qualcomm 16%
Intel 14%
その他 39%

もちろん、原因はiPadです。シェアを落としたとはいえ、相変わらずiPadは強いです。

2015年のタブレット市場はWindowsタブレットが大きくシェアを伸ばしiPadがシェアを奪われる
縮小しているといわれているタブレット市場の中で、Windowsタブレットの存在感が増しているようです。Windowsタブレットは主要な3つの...

インテル製のCPUは主にWindowsタブレットによるものでしょうね。

ちなみに、タブレット向けアプリケーションプロセッサーの売り上げ自体は2015年に初めて減少に転じたそうです。原因は、iPhone 6s Plusのような大画面スマホに市場を食われたことと、スマホ大して長い製品サイクルとされています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする