スマートフォン用アクセサリーメーカーが作るWindows 10 Mobileスマホ NuAns NEOが登場

シェアする

Windowsストア

新しいWindows 10 Moibleスマホが2016年1月に発売されます。

NuAns NEOと呼ばれるこのスマホ、本業がスマートフォン用アクセサリーであるメーカーが作るスマホです。

なかなか珍しい取り組みですね。

スポンサーリンク

カスタマイズ可能な背面カバー&ケースを用意

このNuAns NEOの一番の特徴は、トリニティというスマートフォン用アクセサリーを扱うメーカーが発売するという点です。

これまでのスマートフォンは、スマートフォンメーカーが出した端末に対してアクセサリーメーカーがあとからケースを発売するというケースが多かったです。また、純正と呼ばれるスマートフォンメーカーが出すケースやカバーは実用本位なものが多く、あまり奇抜なものはありませんでした。

NuAns NEOはアクセサリーメーカーが出すスマホらしく、最初から特徴的なカバーやケースが用意されます

ケースはインモールド成形によって樹脂とそれ以外の素材を一体化させる手法を取っており、木材や起毛といった変わった素材のものが用意されるそうです。

さらに、ケースは上下で2つのパーツに分割され、それぞれ異なるデザインや素材のものが装着できるそうです。

アクセサリーも最初から用意

NuAns NEOにはUSB Type-Cの充電ポートが用意されます。

Type-Cというとまだまだケーブルやアクセサリーが用意されていない印象を受けますが、さすがはアクセサリーメーカーだけあり、NuAns NEOのために用意してくれるそうです。

その中には「BIND」と呼ばれるQuick Charge 2.0対応の高速充電器や、「TILE」と呼ばれる充電機能付きのライトが含まれています。

また、付属のケーブルも一方がType C、もう一方がType Aというケーブルだそうです。これなら手持ちの充電器やPCに刺して簡単に充電や通信ができます。

スペックはハイよりのミドルレンジ

スペックとしては、ディスプレイが5インチ 1280×720ピクセル、CPUがSnapdragn 617(8コア@1.5GHz)、RAM/ROMが2GB/16GBとなっています。

前述のとおり充電はUSB Type-Cポートであり、急速充電にも対応しています。うれしい機能としてはUSB OTGに対応しているそうです。

カメラは1300万画素のセンサーにF値が2.0という明るいレンズを搭載しており、暗所での画質が期待できます。

Wi-Fiは5GHz帯にも対応しており、IEEE802.11acにも対応しているとか。

今時のミドルレンジを超えたスペックであるといえます。素晴らしいことにContinuumにも対応予定とか。マイクロソフトがハイエンドスマホ以外でもContinuumを拡大していくとのことなので、その一環かもしれません。

Windows 10 Mobileの注目機能 "Continuum" がフラッグシップスマホ以外でもサポート予定
Windows 10 Moibleの目玉機能の1つといえばContinuumです。スマホを外部ディスプレイに接続することでまるでPCのような...

面白い付属品として、SIMカードスロットのサイズはmicroですが、nanoSIM用の変換アダプターが付属するそうです。この辺りはアクセサリーメーカーならではといったところでしょうか。

大きさは141×74.2×11.3, 重さは150gと、厚みが少し目立ちます。この辺りは背面カバーを独特なものにした影響でしょうか。

価格は39,800円、2016年1月に発売

気になる価格は39,800円と、すでに発売されているヤマダ電機のWindows 10 Mobile搭載スマホと同じ値段です。

ヤマダ電機のEvery Phoneは実は今のところ最薄のWindows 10 Mobile搭載スマートフォン
いろいろなメーカーがWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンを発売する中、家電量販店のヤマダ電機もスマートフォンを発表しました...

発売は2016年1月だそうです。販売はAmazonやロフト、伊勢丹といったところで行われるそうです。いわゆる家電量販店では売らないとか。

デザインにこだわる方にとってはほかにはないスマートフォンかもしれません。スペックも高めですし、Windows 10 Mobile次第ではありますが、有力な選択肢の1つになるかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする