パイオニア SX-S30 のアップデートがやってきた、Chromecast built-inが安定?(2099-7020-2060-0010)

シェアする

SX-S30のソフトウェアアップデー中

パイオニア SX-S30は2016年に発売されて結構時間がたっています。

しかしながら、2018年6月にまたアップデートがやってきました。

ユーザーを見捨てないでいてくれるのはありがたいです。

早速ネットワーク経由でのアップデート

SX-S30のソフトウェアアップデー中

SX-S30のソフトウェアアップデートは、USBメモリにアップデートファイルを入れて本体に刺す方法と、ネットワーク経由でアップデートする方法があります。今回はネットワーク経由での方法を試しました。

てっきりアプリからやれると思っていたのですが、どうもPioneer Remote Appからはアップデートできないようです。ネットワーク接続を売りにしている割にここはいまいちですね。

テレビにHDMIをつなげ、「システム設定」 -「その他」-「ファームウェアアップデート」-「ネットワーク経由のアップデート」を選ぶとアップデートできます。

アップデートが始まるとテレビへの画面出力は止まります。本体にNET Update …と表示され、その後 Updating xx%となり、最後にCompleted!となります。

ここで、マニュアルに重要な注意書きが:

5. 本体の STANDBY/ON ボタンを押して、本機をスタ
ンバイ状態にします。これでアップデートが完了して、
最新のファームウェアに更新されました。
0 リモコンの  ボタンは使用しないでください。

え、じゃあ “Completed!”なんて誇らしげに表示せずにそのことを表示してくださいよ。というか、勝手に電源落としてくれていいのですけど。。。

私はこの文言に気づかず、しばらくそのまま放置しました。リモコンの電源ボタンは試したのですがききませんでした。その後、勝手に電源が落ちました。。。

変更点は「動作安定性向上」、Chromecast built-inの動作が改善?

パイオニアのHPによると、今回のアップデートでの変更点は「動作安定性向上」です。

なんともふわっとした変更点ですが、今のところ特に問題なく動作してはいます。

最大の問題であったChoromecast built-inがやたらと不安定なのは、少し安定したかな?という気もします。

Chromecast built-inやDTS Play-fiの音楽ストリーミング再生が止まるのはHuaweiスマホの省電力機能が原因でした
せっかくAmazon Music Unlimitedの快適な再生環境を構築しようと思ってSX-S30を買ったのですが、HEOS Linkを使...

以前は接続までにかかる時間が長かったですが、それが少し短くなり、その後も曲の頭で再生が途切れることがなくなりました。

でも、これが電源を落として再起動した効果なのか、ソフトウェアアップデートによる効果なのかはまだわかりません。今後も時々チェックしてみたいと思います。

(追記) : 本当にChromecast built-inの動作が安定したかもしれません。接続して一回目の再生こそまずはスマホやタブレット本体で音楽が鳴るのですが、すぐにSX-S30に切り替わり、その後はまったく再生が途切れることもなく安定して音楽が再生されています。さすがに、Huaweiのスマホで音楽が途切れるのはスマホの問題っぽいのでそのままです。

ちなみに、価格.comのレビューには、USBメモリ内の音楽再生が Connecting… で止まってしまう現象が直ったという報告がありました。私の環境では問題なかったのですが、そういう改修もあったのかもしれません。