62%のiPhoneがApple Payをサポート

シェアする

iPhone

順調にシェアや利益を伸ばしているiPhoneシリーズですが、すでにユーザーが使っているiPhoneの62%がApple Payをサポートしているモデルとなっているそうです。

日本ではまだまだ使われていないApple Payですが、今後爆発的に普及するのでしょうか?

また、iOSに関するいろいろな統計データがまとめられていて面白いです。

スポンサーリンク

使われている1億100万台のうち6200万台がApple Payをサポート

Apple Insiderによると、ユーザーが使っているiPhoneのうち、5800万台がiPhone 6もしくはiPhone 6 Plus、400万台がiPhone 6sもしくはiPhone 6s Plusだそうです。

すべてのiPhoneを合わせると1億100万台だそうなので、これらのApple PayをサポートしているiPhoneの割合は約62%となります。

Apple Payに対する興味が薄れているという調査結果もありますが、対応端末の普及に伴って勢力を伸ばせるのでしょうか。

Apple Payに対する関心が登場当初よりも低くなっている
WMPoweruserによると、アップルのApple Payに対するユーザーの関心が登場当初よりも低くなっているそうです。鳴り物入りで登場し...

iPhone 6はiPhone 5sに比べて普及が速い

また、発売から1年たったiPhone 6の売り上げ台数は6000万台だそうです。

同じ時期のiPhone 5sは2800万台だったそうなので、かなり普及が速いことがわかります。

やはり大画面版iPhoneへの需要が高かったということと、中国の影響が大きいのでしょうか。

iPhone 5cはまだまだ現役

一方、日本ではいまいち普及しなかったiPhone 5cはまだまだ現役のようです。

まだおよそ1000万台のiPhone 5cが現役で使われているそうです。その1つ前のモデルにあたるiPhone 5が500万台だそうなので、意外と息が長いことがわかります。

最近のiPhoneは大画面一色なので、小さいiPhoneがいい人はこのあたりのモデルを使い続けているのでしょうか。果たしてうわさばっかり出てくる小型iPhoneは本当に出るのでしょうか。

4インチの小型iPhoneは廉価版として2016年に登場?
また小型iPhoneの噂です。4インチの小型iPhoneが2016年に登場するといううわさが出てきました。どのような仕様になるのでしょうか?...

iOS 9のシェアは67%

iOSのバージョン別シェアでは、2015年11月時点でiOS9が67%とトップになっています。

以下、iOS 8が24%、それより前が9%だそうです。古いiOSはセキュリティー面のメンテナンスも行われていないと思うのですが。。。

AndroidはAndroid 6.0 Marshmallowが0.3%、Android 5.0 Lollipopが25.6%にとどまっています。最もシェアが高いのがAndroid 4.xの66%と、最新のOSの普及が遅れていることがわかります。

Android 4.xの最も古いのは2011年のリリースと、iOS 5と同時期だそうです。OSが新しくならないとサポートされないサービスもあるので、Googleはなかなか新しいサービスを普及させるのが難しいかもしれません。

iOSとAndroid間で乗り換える人は意外と少ない

別の調査として、およそ80%の人はiOSからAndroidおよび逆の乗り換えをせず、そのままのOSを使い続けているそうです。

スマートフォンなんてなんでもいいと思っている人にとっては、慣れ親しんだOSの方が使いやすいでしょうからね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする