BQがUbuntuをOSにした端末”Aquaris Ubuntu Edition”を日本で発売

シェアする

スペインのBQという会社がUbuntuをOSにした端末を日本で発売すると発表しました。

また1つスマホに新しい選択肢が生まれますね。

スポンサーリンク

Aquaris Ubuntu Editionとして4.5型と5型の2つの端末を発売

今回BQが発表したのはとAquaris Ubuntu Edition呼ばれる端末で、4.5型と5型の2つのサイズのディスプレイサイズのラインナップがあります。

主なスペックは以下のとおりです:

モデル名 Aquaris E4.5 Ubuntu Edition Aquaris E5 Ubuntu Edition
ディスプレイサイズ 4.5インチ 5インチ
解像度 540×960 720×1280
CPU クアッドコア 1.3GHz クアッドコア 1.3GHz
RAM/ROM 1GB/8GB 1GB/16GB
カメラ 800M/500Mピクセル 1300M/500Mピクセル
サイズ 137x67x9mm 142x71x8.65mm
重さ 123g 134g
バッテリー 2150mAh 2500mAh
価格 169.9ユーロ(約23,000円) 199.9ユーロ(約27,000円)

ミドルエンドからローエンドの端末で、価格はそれなりといった印象です。

未知数のUbuntu OSが不安であり期待であり

ハードウェアとしてはそれほど面白くないAquarisですが、やはり目玉はUbuntuをOSとして搭載しているところでしょう。

はっきり言って情報が少なすぎるため、日本で発売されたとしても人柱となる覚悟が必要になると思います。

新しいもの好きの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする