iPhone XR が到着 ブラックとホワイトの2つ 早速開封の儀とセットアップ

iPhone XRの付属品と、ホワイトとブラックの背面iOS

予約していたiPhone XRが発売日に到着しました。

しかも午前中に届いてヤマト運輸グッジョブです。

早速開封の儀とセットアップをしていきます。

スポンサーリンク

ホワイトとブラックで微妙に箱のデザインが違う

iPhone XR ホワイトとブラックの箱

まずこちらが届いた箱です。想像以上にずっしりとした重みがあります。

妻の分と合わせて、ホワイトとブラックの2台購入しています。

箱の写真が微妙に2つの色で違いました。

iPhone XRの箱の中身

こちらが箱を開けたところこれだけだとどちらがどちらかわかりません。

iPhone XRの付属品と、ホワイトとブラックの背面

さらに開けて付属品と裏を確認するとこんな感じです。

本体はガラス製なので全然安っぽい感じはせず、むしろ落ち着いた色合いで好感が持てます。

iPhone XRとHuawei Mate9の比較

これまで使っていたHuawei Mate9と比べると一回り小さいです。

ただ、重さはほぼ同じなので、小さい分ずっしりと感じます。

何はなくともガラスフィルムとケースを装着

iPhone XRを長く使おうと思っているので、何はなくともガラスフィルムとケースをつけます。

すでにNimaso製のものを買っておいてあります。

NIMASOのiPhone XR用ガラス保護フィルムとケースが到着 先行してサイズ感等を確認
iPhone XR用に注文していたガラス保護フィルムとケースが到着しました。 まだiPhone XRが発売前なので当初は寝かせておこうと思っていましたが、よく考えたらケースを見れば大体のサイズ感がわかる!ということで開封して確...

ガイドがあって貼る位置を決めるのは楽なのですが、やはり誇りの混入が厄介でした。ガラスでないフィルムであれば部分的にめくれるのですが、柔軟性のないガラスの場合は全体的にはがさないといけないこともあり、、、結局1台目は3回、2台目は2回貼りなおしました。

Nimasoのケースをつけて起動したiPhone XR

そしてケースもつけて起動したiPhone XRがこちら。

さすがに保護性能の高いケースをつけたので着ぶくれしてます(笑)。ベゼルの太さも強調されているような。。。

Androidからの移行はMove to iOSアプリで楽々

Move to iOSアプリでMate9からiPhone XRに引越

Mate9からの引っ越しは楽々です。

Android側にMove to iOSというアプリを入れることで何やかんや移行できます。私はGoogle Photosを使っているのでカメラロールは転送せず。すると、すぐに移行が終わりました。

上にはアプリについては書かれていませんが、セットアップ終了後にAndroidで使っていたアプリも勝手に入りました。ただ、自分でセットアップしていた妻の方は入らなかったので、何かやらないといけないのかもしれません。

動作はサクサク、画面はきれい

まだ1時間ほどしか触っていませんが、動作はサクサクで画面はきれいです。

動作についてはMate9も十分サクサクでしたが、それよりもさらにサクサクな印象を受けます。ただ、使う側(私)が久しぶりのiPhoneですっかり操作方法が変わっており、戸惑っていて実力が出ていない状態です(笑)。

画面の解像度はMate9の方が高いですが、きれいさはiPhone XRの方がきれいであると感じます。液晶パネルの品質もあるのでしょうが、文字フォントがきれいで読みやすいです。

とりあえずこんなところが今のところのレビューです。また随時気づいたりしたことを書いていきます。

(追記): iOS12.1は問題なく動作

早速iOSのアップデートが来て12.1になりましたが特に問題なく動作しています。

唯一、vivosmart4への通知が来なくなりましたが、Garmin Connect Mobileアプリのアップデートで来るようになりました。

コメント