Lenovoが Lemon 3 を発表 Xiaomiの Redmi 3 の対抗製品?

シェアする

Android

モトローラを傘下に入れてスマートフォン市場に力を入れているLenovoが新しいスマートフォンを発表しました。

Lemon 3と呼ばれる新しいスマートフォンは非常にコストパフォーマンスが高いモデルとなっています。

スポンサーリンク

約12,000円の高コストパフォーマンスモデル

このLemon3は価格の割にスペックが非常に高いです。

  • ディスプレイ: 5インチ 1920×1080ピクセル(Full HD)
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 616(4コア@1.7GHz + 4コア@1.2GHz)
  • RAM/ROM: 2GB/16GB
  • カメラ: 1,300万画素+500万画素
  • バッテリー: 2,750mAh
  • OS: 不明

このスペックで105ドルと非常に安く価格が設定されています。日本円に換算すると約12,000円でしょうか。

XiaomiのRedmi3とよく似ている?

このスペックと価格、どこかで見たことあると思ったら先日発表されたXiaomiのRedmi3とよく似ています

XiaomiがRedmi 3を発表 4,100mAhの大型バッテリーを積んだ高コストパフォーマンス機
中国の成長著しいスマホメーカーであるXiamiが新型スマホを発表しました。Redmi3と呼ばれるこのスマホは4,100mAhもの大型バッテリ...

価格はどちらも105ドルであり、CPUはSnapdragon 616です。

主な違いを挙げると、

  1. ディスプレイの解像度が 1920×1080(Lemon 3) vs 1280×720(Redmi 3)
  2. バッテリー容量が 2,750mAh(Lemon 3) vs 4,100mAh(Redmi 3)

といったところでしょうか。

このスペックを見る限り、軽いのはLemon 3、バッテリーの持ちがいいのはRedmi 3となりそうです。

どちらも日本で発売してくれないものか

Redmi 3の時にも書きましたが、このようなコストパフォーマンスの高いモデルが日本でも発売してくれないものでしょうか。

Lemon 3は今のところ中国のみでの販売となるそうです。

SIMロックフリー端末が盛り上がっているところでもありますし、ぜひ参戦してほしいものです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする