Lumia 950 および 950 XL はiPhone 6s/6s plus 並の値段になるもおまけが充実

シェアする

Windowsストア

10月に登場が予想されているマイクロソフトのLumia 950 および 950 XL ですが、販売価格に関する情報が入ってきました。

それによると、iPhone 6s や iPhone 6s plus と同等という高価格な価格設定になるとのことです。

その代わり、高価なおまけを付属させてお得感を出す戦略だとか。

スポンサーリンク

Lumia 950/950XL はiPhone並の高価格端末

WMPowerUserによるとマイクロソフトのLumia 950/950XLはiPhone 6s/6s plusよりもわずかに安い価格で販売されるとのことです。

日本では8万円から10万円といったところなのでしょうか?

確かにスペックとしてはハイエンドのようなので、このような価格設定になるのは致し方ないのかもしれません。

Windows 10 Mobileを搭載するLumia 940とLumia 940 XLが10月19日に登場?
WMPoweruserによると、Windows10 Moibleを搭載するマイクロソフト製のLumia 940とLumia 940 XLが1...

200ユーロ相当のおまけを付属

マイクロソフトも同等の価格設定ではiPhoneに対抗できないと考えたようで、Lumia 950/950 XLに200ユーロ相当のおまけをつけて売るようです。

そのおまけとして確実視されているのがContinuum dockと呼ばれるLumia 950/950XLをドッキングさせることができる拡張ユニットです。

この拡張にユニットにはUSBポートやHDMI出力といった端子があり、Lumiaの拡張性を向上させることができます。もちろん充電も可能です。

うわさではワイヤレス充電も可能だとか。

さらなるおまけとして、ワイヤレスのスピーカーが付属する可能性もあるそうです。

必要かどうかはさておき、なかなかお買い得感のあるセットになるのかもしれません。このような戦略はLumia 930でも行われており、マイクロソフト(ノキア?)の常とう手段なのかもしれません。

Lumia 950/950XLは10月6日発表、10月28日発売予定

Lumia 950/950XLは10月6日正式発表され、10月28日発売されるとうわさされています。

マイクロソフトの窮状を救うような素晴らしい端末となるのか、楽しみです。

また、iPhone 6s/6s plus、Nexus 5X/6P、Lumia 950/950XL というスマートフォンの3大ハイエンド端末が出そろうことにもなります。なかなかわくわくさせられる2か月になりそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする